本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



女子バロンドーラー、EURO2022を欠場へ…スペイン代表活動中に前十字靭帯損傷
バルセロナ・フェメニ(バルセロナ女子チーム)所属のスペイン女子代表MFアレクシア・プテリャスが、負傷の影響で女子EURO2022を欠場することになったようだ。5日、イギリスメディア『BBC』などヨーロッパ各国のメディアが伝えている。 攻撃的MFというポジションながら抜群の得点力も誇るプテリャスは、バ...
別窓で開く

ペドリが3位、松木玖生は81位…今年最も経験を積んでいる若手選手は?
2022年に入って最も経験を積んでいる若手選手は誰なのか? 高卒ルーキーながらFC東京でいきなりチャンスを掴んだ松木玖生(19歳)は、世界基準で見るとどれくらいの経験を積んでいるのか? そんな疑問を紐解くランキングがある。...
別窓で開く

「路上でお酒を飲むために生きている!」イングランドのファンにとってカタールW杯が不評な理由【英国人記者コラム】
 カタール・ワールドカップ(W杯)のドロー結果を、日本の読者はどう受け止めたんだろう。 それにしても、日本は大変なグループを引き当てたね。スペインとドイツと一緒になるなんて、あまりに無慈悲な組分けと言わざるを得ないだろう。  優勝を狙うスペインとドイツに対して勝機はあるんだろうか。...
別窓で開く

米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く

破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く

W杯一次リーグで日本はスペインに大敗する可能性 ならばどう戦うべきか
 日本が「無敵艦隊」と言われるスペインと対戦したのは過去に1度しかない。フィリップ・トルシエ監督時代の2001年4月25日、コルドバでの国際親善試合で対戦し、0−1で敗れた。 *** このときのトルシエ監督は5BKに加え、名波浩、稲本潤一、伊東輝悦の3ボランチで守備を固め、攻撃は1トップの高原直泰と...
別窓で開く

航空機で初の大西洋横断飛行を達成(1919年5月27日)
 航空機で初の大西洋横断飛行達成というと1927年のアメリカの飛行機乗りチャールズ・リンドバーグの偉業を思い浮かべるかもしれません。しかし、リンドバーグの初の大西洋横断飛行は単独で無着陸飛行に成功したというものです。 単独と無着陸という条件を除くと初めて大西洋の横断飛行に成功したのはアメリカ海軍のカ...
別窓で開く

「最高峰のファンだ」フランクフルトサポが喜びを爆発! EL優勝を祝うホームスタジアムでの圧巻の光景に驚愕と称賛の声
 現地時間5月18日にセビージャのラモン・サンチェス・ピスファンで開催されたヨーロッパリーグ(EL)の決勝で、鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルト(ドイツ)が、レンジャーズ(スコットランド)と対戦。1−1で突入したPK戦の末に勝利し、ELなってからは初の戴冠を果たした(UEFAカップ時代には1...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

「この25歳から目を離すな」英大手紙がEL決勝を前に鎌田大地をマンマーク!「スペースを与え過ぎると大変なことになる」
 英国メディアが“EL男”に警戒心を強めている。 現地時間5月18日に行なわれるヨーロッパリーグ(EL)決勝で、鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルト(ドイツ)とレンジャーズ(スコットランド)が、スペインのセビージャにあるラモン・サンチェス=ピスファンで激突する。...
別窓で開く


[ ロンドン ドイツ ヨーロッパ ] の関連キーワード

イングランド スペイン カタール ヒトラ スイス
kgb 大西洋

<前へ123456789次へ>