本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



英旅客機「トライデント」なぜ左に前脚がズレたのか? 超ハイスペックゆえの理由とは
1960年代、前脚が左側にずれたユニークな形の旅客機、ホーカー・シドリHS121「トライデント」が出現しました。このユニークな形は、同機の最大の強みゆえのものでした。 胴体中心より約60cm左にずれた前脚「霧のロンドン」といった言葉があるように、ヨーロッパでは、そのどんよりとした天候の特徴から、気象...
別窓で開く

濃霧で視界真っ白… 着陸できる/できない旅客機なぜ発生? 背景に「超有能装置」
霧が多く発生する成田空港などでは、視界が悪くても着陸できるフライトとできないフライトがいます。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。そこにあるのは、高性能な着陸システム。その歴史や仕組みなどを見ていきます。...
別窓で開く


<前へ1次へ>