本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「決断力、集中力が素晴らしい」ジェファーソンが闘将バトラーを絶賛!元同僚イグダーラは「コビーに最も近い」<DUNKSHOOT>
2023−24シーズンのNBAは、現地時間10月24日(日本時間25日)に開幕する。それに先駆け、『ESPN』が新シーズンの「NBAプレーヤートップ100」を発表。マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは昨年の17位から5つ順位をあげて12位にランクインした。...
別窓で開く

「どうしたら止められるのか分からなかった」ジェファーソンが最も守りづらい選手に挙げたのはコビー、それともレブロン?<DUNKSHOOT>
コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)とレブロン・ジェームズ(現レイカーズ)は、神様マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)の後継者と期待され、2000年代以降のNBAを牽引してきた。“史上最高のプレーヤー(GOAT)”にも名前が挙がるほどの2人だが、元NBA...
別窓で開く

レブロンの“ザ・ブロック”が「史上最高のプレー」元同僚が証言「あれ以上はないと思う」<DUNKSHOOT>
20年のNBAキャリアにおいて、数々の伝説的なプレーを残してきたレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)。そのなかでも人々の記憶に鮮烈に刻まれているのが、2016年のNBAファイナル第7戦で見せた“ザ・ブロック”だ。...
別窓で開く

ジョーダン、レブロン、ヤニス、ウェイド…NBA全球団の得点記録保持者を紹介【チーム別ランキング/イースト編】<DUNKSHOOT>
現地時間12月19日、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、オクラホマシティ・サンダー戦で28得点を記録。試合には121−123で敗れたものの、通算得点でクライド・ドレクスラーの記録を抜き、球団最多記録保持者となった。 NBA全30チームのうち、球団の得点記録を保持している現役...
別窓で開く

レイカーズ低迷の“A級戦犯”はペリンカGM?米識者が指摘「レブロンの周囲をすべて放出してしまった」<DUNKSHOOT>
今夏にロサンゼルス・レイカーズは新ヘッドコーチにダービン・ハムを迎え、フリーエージェント市場ではロニー・ウォーカー四世、トーマス・ブライアント、デニス・シュルーダーらと契約。さらにユタ・ジャズとのトレードでパトリック・ベバリーを加えて新たなスタートを切った。 しかし、チームは開幕から泥沼の5連敗。...
別窓で開く

「彼のキャリアで最大の過ちだ」レイカーズと延長契約を結んだレブロンに元同僚が疑問符「混乱している」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、今季で節目となるキャリア20シーズン目を迎えた。12月30日に38歳を迎える大ベテランだが、今シーズンもチームの牽引役を務めている。 現地時間11月7日のユタ・ジャズ戦こそ欠場も、ここまで9試合の出場で平均36.1分、24.3点、8.9リバウンド、7...
別窓で開く

「私はレブロンを外す」シャックの“レイカー・トップ5”にジェファーソンが異論「一貫したレベルじゃないんだ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、コビー・ブライアント(元レイカーズ)とともに、“NBA史上最高の選手”の1人に挙げられるスーパースターだ。 しかし、「レイカーズの選手」という条件で見たらどうか。...
別窓で開く

最大55点差で惨敗したウォリアーズにかつてのライバルたちが辛辣なコメント「もうあの時と同じチームじゃない」<DUNKSHOOT>
現地時間5月11日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが3勝1敗と王手をかけて迎えたメンフィス・グリズリーズとのウエスタン・カンファレンス・セミファイナル第5戦は、予想外の一方的な展開となった。 グリズリーズはシリーズ平均38.3点、6.7リバウンド、8.3アシスト、3.0スティールを記録していたジャ...
別窓で開く

「恐ろしい状況だ」成績不振の責任を指揮官に押し付けたレイカーズに非難の声が続出!「完全に混乱。無礼な対応だ」<DUNKSHOOT>
現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズはフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)の解任を発表した。 今季のレイカーズは、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーとタレントを擁しながら33勝49敗(勝率40.2%)でウエスタン・カンファレンス1...
別窓で開く

「世代に1人のタレント」“ご意見番”がレイカーズのキーマンにデイビスを指名!「攻守両面でゲームを支配できる」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今夏、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードといったオールスター経験者を獲得し、強力な陣容を完成させた。これまで議論の中心は、ウエストブルックがレブロン・ジェームズと共存できるか、周囲を生かせるか、だったが、2008年にボストン・セルティックス...
別窓で開く


<前へ12次へ>