本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オランダが一番乗りで準々決勝へ! 若きアメリカを下す…ダンフリースが1得点2アシスト
FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が3日に行われ、オランダ代表とアメリカ代表が対戦した。 16チームによって頂点が争われる決勝トーナメントの幕が上がる。グループAを首位で通過したオランダ代表は、初陣でセネガル代表と対戦。終盤の2得点で勝利を掴み、白星スター...
別窓で開く

“優勝候補”イングランドが足踏み…若きアメリカに苦戦、スコアレスドロー
FIFAワールドカップカタール2022・グループB第2節が25日に行われ、イングランド代表とアメリカ代表が対戦した。 56年ぶり2度目の優勝に期待がかかるイングランド代表は、21日に行われた第1節イラン代表戦で圧巻のゴールショーを披露。ジュード・ベリンガムのゴールを皮切りに大量6ゴールを挙げ、6−2...
別窓で開く

スタメン落ちの久保建英、74分から途中出場で直後にYC誘発。マジョルカは3位セビージャとスコアレスドロー
 現地時間5月11日に開催されたラ・リーガ第36節で、久保建英が所属する18位のマジョルカ(勝点32)は、勝てばチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権が得られる3位の強豪セビージャ(同65)と敵地で対戦した。 2-6で惨敗した前節のグラナダ戦ではスタメンだった久保は、2試合ぶりのベンチスタートとなった...
別窓で開く

「奢ってもらえるんだよね」同僚たちが称えた久保建英のFK弾。選手間の不和が囁かれていたマジョルカの“良薬”に…【番記者の視点】
 コパ・デル・レイのラウンド・オブ16、マジョルカ対エスパニョール戦の31分だった。集中力を研ぎ澄ましたタケ・クボ(久保建英)がFKを蹴った。得意の左足から放たれたシュートは壁を乗り越えて、懸命に手を伸ばした相手GKディエゴ・ロペスの指をかすめてゴールネットに吸い込まれた。マジョルカが1−0と先制し...
別窓で開く

“災害級の強風”で見せ場なし! 25分で数タッチだけの久保建英にスペイン紙は「迷子になっていた」と酷評
現地時間12月10日、ラ・リーガ第17節が行なわれ、マジョルカとセルタの一戦はスコアレスドローに終わった。 この日、マジョルカは最大風速が秒速40メートルの災害級の強風に見舞われていた。数百本の樹木がなぎ倒されたほか、地滑りも起き、各所で建造物の損壊や停電などの被害で救急車の出動も200件を超えたと...
別窓で開く

前節決勝弾の久保建英、69分から途中出場もパスをもらえず…元新潟FWの二度の決定機を防いだマジョルカはスコアレスドロー
 現地時間12月10日に開催されたラ・リーガ第17節で、久保建英が所属する12位のマジョルカが14位のセルタをホームに迎えた。 前節のアトレティコ・マドリー戦で、68分からピッチに立ち、試合終了間際に劇的な決勝弾を決めた久保は、故障から復帰後3戦連続のベンチスタートとなった。...
別窓で開く

今季ブンデスはニャブリが初得点を記録…全18チームの今季第1号ゴールは?
 9月18日に幕を明けた2020−21シーズンのブンデスリーガ。今シーズンのリーグ第1号ゴールはバイエルンのドイツ代表FWセルジュ・ニャブリが開幕戦の開始4分にマークした。 第1節では18チーム中、14チームがそれぞれ今シーズンの初得点をマーク。...
別窓で開く


<前へ1次へ>