本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ……。これらは皆、ドイツを代表する輸入車のプレミアムブランドであり、「ドイツ御三家」とも呼ばれている。 「いつかは乗ってみたい憧れのクルマ」という認知が浸透していることから、今も昔も社会的地位を象徴する身近な輸入車として日本人に親しまれている。  そんななか、「輸...
別窓で開く

EDWARDS、初音ミクシグネチュア冬季限定モデル発表 美しいパールホワイト×ブルーカラーが魅力
ギター&ベースブランド「EDWARDS」を展開するESPが26日、雪ミク(初音ミク)をイメージしたシグネチュアモデル『E-STREAM-Miku-Custom -SNOW MIKU Edition-』を同ブランドのハイスペックライン「EDWARDS Platinum」よりリリースすると発表した。...
別窓で開く

ケースバックには赤いウサギの姿が。タグ・ホイヤーが卯年を記念した限定モデルを発表
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、来年の卯年を記念したタイムピース「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ イヤー オブ ザ ラビット」を発売します。 洗練されながらもスポーティな世界限定500本のこのモデルは、ブラック、レッド、ゴールドの3色で構成されており、ダイヤルには賢明でキュートなウ...
別窓で開く

エレガントなクロノグラフ「タグ・ホイヤー カレラ」に燃えるような赤いデザインの限定モデルが世界限定600本で登場
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、最もエレガントなクロノグラフであるタグ・ホイヤー カレラのヘリテージ インスパイアコレクションに、燃えるような赤いデザインで新しいエネルギーを吹き込んだ「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ レッドダイヤル リミテッドエディション...
別窓で開く

2代目キングセイコー“KSK”のデザインを復刻し現代的にアップデート!
2022年2月に復活し、話題を呼んだ「キングセイコー」。1961年に誕生し、当時の国産高級機械式腕時計の進化をリードしたこのブランドより1965年に登場したのが“KSK”と呼ばれる2代目キングセイコーです。...
別窓で開く

素材とデザインがソリッドさを際立たせるセイコー アストロン「NEXTER」
1969年に世界の腕時計業界に衝撃を与えたマスターピース・クオーツ アストロン。その先進性を受け継ぎ体現するブランドとして2012年に誕生したのが、世界初のGPSソーラーウオッチ・セイコー アストロンです。ブランド誕生から10年という節目の年を迎える今年、セイコー アストロンから新時代の到来を思わせ...
別窓で開く

NFC搭載トミカの走行結果がアプリと連動するハイテクおもちゃ 「スーパースピードトミカ」&「トミカスピードウェイ 実況サウンド! デジタルアクセルサーキット」レビュー
タカラトミーが6月19日に発売する“トミカ アドバンスプロジェクト”第1弾製品の「スーパースピードトミカ」と「トミカスピードウェイ 実況サウンド! デジタルアクセルサーキット」のレビューをお届けします。“トミカ アドバンスプロジェクト”は、昨年2020年に50周年を迎えたトミカを、これからの50年に...
別窓で開く

継承されるDNA!トライアンフが誇る名車スクランブラーに新型登場!
英国車の代名詞とも言える「トライアンフ」。120年の歴史を持つDNAを継承しつつ、現行車として生まれ変わった名車スクランブラーは、トライアンフのなかで最も高仕様なモデルの1台です。そのスクランブラーに7月、新型の「SCRAMBLER 1200 XC」(192万1900円〜196万1500円)、「SC...
別窓で開く

シティ派の顔だけどダイバーズとしての堅牢性もバッチリです
機能性に優れたダイバーズウォッチには心惹かれるけれど、日常使いがメインならやっぱりトレンド感にもこだわりたい。そんな人たちから静かな支持を集めているのが、セイコー プロスペックスの「Street Series」。...
別窓で開く

「Xbox Series X」レビュー 注目機能の「クイックレジューム」「後方互換」「デバイスによるオンラインプレイ」を体験
いよいよ11月10日に発売が迫るマイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox Series X」。マイクロソフトのプレビュープログラムで提供されている実機の使用感をレビュー記事にてご紹介します。発売日以前に使用しているため、最終版とは動作が異なる部分もあることをご了承ください。開封の模様と外観は、先に公...
別窓で開く


<前へ12次へ>