本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



1億人を超えるチャンネル登録者を抱え、2021年度のYouTuber年収ランキングで世界1位となった“世界一稼ぐYouTuber”のMrBeast(ミスター・ビースト、本名ジミー・ドナルドソン)のツイートがちょっとした話題となっています。...
別窓で開く

バイデン政権誕生から2年 アメリカ政治の「いま」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカ政治の現在について解説した。3日、米ホワイトハウスで演説するバイデン大統領(ロイター=共同)=2021年8月3日 写真提供:共同通信社バイデン政権誕生から2年アメリカのバイデン大統領は1...
別窓で開く

岸田総理との共同記者会見が中止されたのは80歳バイデン大統領に「認知症疑惑」が浮上したから
 フランス、イタリア、イギリス、カナダへの外遊を経て、1月13日、岸田文雄総理はワシントンで米バイデン大統領との最終首脳会談に臨んだ。 ところが今回、会談後に両首脳によって行われるはずだった恒例の共同記者会見はなぜか、なし。その理由について、機密文書の持ち出し疑惑の渦中にあるバイデン大統領に配慮した...
別窓で開く

【コラム】足組した人の例えが間違っているだろう 韓国
 韓国の女性は、立膝でご飯を食べる。長い間の風習だ。日本でそれをすると行儀が悪いと言われる。文化の違いだ。(一部中国人も) またジェンダーの時代になって、女性が足を組んで座ることは「行儀が悪い」と言ったら、「じゃあ、男性ならいいのか」と大論争になりかねない。...
別窓で開く

バイデン大統領の再出馬を決めるのは孫娘の「ナオミ」 ホワイトハウスの「星占術師」となった問題児ハンターの長女
トランプが出るなら俺も出たい・・・ 11月20日、80歳の誕生日を迎えたジョー・バイデン米大統領。日本流に言えば「傘寿」を迎えたことになる。 2024年の米大統領選に再出馬するのか、しないのか——世界中が固唾をのんで見守っている。 国力が衰えたといえども、アメリカ合衆国は依然として「超大国」。...
別窓で開く

永遠の名作『ロッキー4』をスタローンが再編集 追加シーンと音楽が再び感動をもたらす
シルヴェスター・スタローンを象徴する『ロッキー』シリーズ。近年のスピンオフ『クリード』シリーズまで含めれば8作品を数え、その中でも最大のヒット作として今なお愛されているのが『ロッキー4/炎の友情』だ。この度、その『ロッキー4』がスタローン自身の手によって新しく生まれ変わる。...
別窓で開く

「中絶問題」を中間選挙の争点にして“不利な流れ”を変えたい「米民主党」
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男が6月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米民主党が中間選挙の起爆剤としたい中絶問題について解説した。...
別窓で開く

アメリカ大統領執務室の「チャーチルの胸像」から見える米英関係
8月17日、アフガニスタン情勢を巡る問題について、アメリカのバイデン大統領と、イギリスのジョンソン首相は電話で会談し、G7によるオンライン会議を今月中にも行うことで合意したことが報じられました。一見歩調が合っているように見える両国の代表。しかし、浅からぬ因縁があると、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と...
別窓で開く

リンカーン、ケネディ…歴代アメリカ大統領が暗殺された本当の理由
学校の教科書には出てこない歴史的事実があります。南北戦争の背後にいたイギリスの存在、そして通貨発行権という“特権”に手を出して暗殺されたリンカーン、ガーフィールドとケネディ。元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が、近現代史やインテリジェンスを交え真実の世界の姿を炙り出す。...
別窓で開く

バイデン「オバマケア」強化…トランプの政策を覆す動き
米国のバイデン大統領が28日(現地時間)、妊娠中絶関連の制限を廃止し、低所得層の医療保険へのアクセスを拡大するなど、トランプ政権の政策を反転させる動きを続けている。USAトゥデイとCNNなど外信によると、この日のバイデン大統領は、中絶を広報・促進したり中絶手術を提供する国際団体のための資金を禁止する...
別窓で開く


<前へ12次へ>