本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米研究機関の台湾有事シミュレーションが描いた「日本にとって最悪のシナリオ」
青山学院大学客員教授でキヤノングローバル戦略研究所主任研究員の峯村健司が1月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。CSISが公表した台湾有事のシミュレーションについて解説した。...
別窓で開く

「Econofakes エコノフェイクス」とはスペイン・セビリア大学応用経済学教授であるフアン・トーレス・ロペスがつくりだした「経済のウソ」という意味の造語だ。「経済学は、難解で抽象的な数式で提示されると、科学的で議論の余地のない真実のように見える。しかし、経済学には『科学』で存在するような普遍的な...
別窓で開く

「宣誓! 私は真の御父母さまの前に一生を捧げます」ろうそくの明かりに文鮮明夫妻の写真【多田文明 私が合同結婚式に参加した理由】
(教義上、神様(文鮮明教祖)が決めた人と結婚しなければならない…(C)ロイター)【多田文明 私が合同結婚式に参加した理由】 マインドコントロール(3)  ◇  ◇  ◇ 旧統一教会の教義を徹底的に叩き込まれるセミナーである「4Day's」に参加を申し込んだ多田さんは、80人以上の参加者とともに朝6時...
別窓で開く

議論呼ぶ「安倍晋三国際空港」、海外版は多数存在 “人名の空港”はどう誕生していったか
「成田や羽田を安倍晋三国際空港に…」という芸能人のSNS投稿が大きな反響を呼びました。こういった法則で命名された空港は、海外だと結構存在します。どのようなものがあるのでしょうか。神田さんも触れた「ホノルル」「JFK」 タレントの神田うのさんが2023年1月、「日本でも羽田国際空港や成田国際空港という...
別窓で開く

「安倍晋三国際空港」実現の可能性は? アメリカでは例多数...日本の場合はどうなのか
タレントの神田うのさん(47)がインスタグラムにつづった「ぼやき」が、波紋を広げている。年末年始をハワイで過ごした神田さんは、現地の空港が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に改称されたことを引き合いに、羽田空港や成田空港を「安倍晋三国際空港にして欲しいな」と持論を展開した。...
別窓で開く

米国大統領選挙前年は株高のアノマリーは、2023年も当てはまるのか?【2023年のマーケット展望 後編】(児山将)
世界的な高インフレにともない、世界各国ではインフレ退治の金融引き締めがおこなわれた2022年。年が明けて、2023年の株式市場の動向はどうなっていくのか?メディアディレクター、フリーランス投資家として活躍する児山将さんが、2023年のマーケット展望を解説。今回の寄稿記事【後編】では、米国大統領選挙の...
別窓で開く

トランプvsポスト・トランプの大本命、よりヤバいのはどっち? 注目は共和党内の候補者選びに!
「若いトランプ」とも称されるロン・デサンティス現フロリダ州知事(44歳)に大統領選出馬の期待が高まっている。イタリア系移民の中流家庭に生まれ、名門のイエール大学とハーバード大学のロースクールを卒業したエリート政治家で、海軍特殊部隊でイラク戦争に従軍し勲章を受けたことも昨年11月のアメリカ中間選挙で負...
別窓で開く

“核兵器+超音速”でも最強になれず B-1「ランサー」奇跡の復活で今や爆弾の鬼!
アメリカが生んだ超音速戦略爆撃機B-1が1974年12月23日、初飛行しました。一度は開発キャンセルになったものの、新たな政権の発足で一転して実用化へ。その後は核攻撃任務から外れるなど、時代とともに変化し続けているそうです。試作機と量産機で姿違うB-1爆撃機 生まれた時の姿と成長した時の姿が異なるこ...
別窓で開く

いまや日本円の価値は下がり、日本経済の成長も長期的には期待薄……。米国経済も、Twitter、Meta(Facebook)、Amazon、HPとリストラを実施する大手企業が続々と増え、いっときの“米国株ブーム”は過ぎ去った。そこでいま注目されるのが「グローバル投資」だ。米国の富裕層の間では、米国以外...
別窓で開く

バイデン大統領の再出馬を決めるのは孫娘の「ナオミ」 ホワイトハウスの「星占術師」となった問題児ハンターの長女
トランプが出るなら俺も出たい・・・ 11月20日、80歳の誕生日を迎えたジョー・バイデン米大統領。日本流に言えば「傘寿」を迎えたことになる。 2024年の米大統領選に再出馬するのか、しないのか——世界中が固唾をのんで見守っている。 国力が衰えたといえども、アメリカ合衆国は依然として「超大国」。...
別窓で開く


[ レーガン ロナルド ] の関連キーワード

ホワイトハウス アメリカ ランサ 共和党 ナオミ

<前へ1234567次へ>