本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



河村勇輝の相棒アウダ、A東京のサイズらBリーグ戦士も参戦、小国ベルギー、フィンランドの奮闘【ユーロバスケット2022総括Part.3】<DUNKSHOOT>
チェコ、ジョージア、ドイツ、イタリアの4か国で9月1日から18日まで行なわれたユーロバスケット2022は、スペインが優勝。フランスが銀メダル、ホスト国のドイツが銅メダルを獲得して、大盛況のうちに幕を閉じた。 ここでは、この大会の総括として、今回のユーロバスケットを通しての注目トピックスを紹介する。...
別窓で開く

名手ノビツキー以来の快挙を達成したアデトクンボ「プレーするのが楽しくてたまらない」【ユーロバスケット2022】<DUNKSHOOT>
チェコ・ジョージア・ドイツ・イタリアの4か国を舞台に、9月1日から18日まで開催されているユーロバスケット2022。6日に行われた4回戦では、グループAからはスペインと、お騒がせのトルコが決勝トーナメント進出を決めた。 激戦のグループBからは、初戦でドイツに敗れて以降は3連勝のフランスと、ドイツの4...
別窓で開く

イスラエルを牽引するアブディヤ、ヤニス以上の注目を集めたフォンテッキオ……ユーロバスケット2戦目は若武者の躍動が目立つ結果に<DUNKSHOOT>
グループリーグ2試合目を終えたユーロバスケットでは、各グループとも上位2チームが無敗をキープしている。そのうちのひとつ、グループDのイスラエルで目覚ましい活躍を見せているのが、ワシントン・ウィザーズで八村塁とチームメイトのデニ・アブディヤだ。 オーバータイムにもつれこんだ初戦のフィンランド戦では約3...
別窓で開く

ビル・ラッセル??ディフェンスでNBAに革命を起こした男が“真の勝者”となるまで【NBAレジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
7月31日に88歳で死去したビル・ラッセルは、NBAファイナルの最優秀選手賞にその名を残している。ファイナルMVPは、ほかならぬマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)の6回が最多受賞記録。マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)も3回受賞しているが、ラッセル自身の受賞経験は一度もない...
別窓で開く

「SNSやテレビを見てたらおかしくなるよ」セルティックスの“デュラント獲得報道”をテイタムがバッサリ「まるで真実のように話してる」<DUNKSHOOT>
現地時間8月4日(日本時間5日、日付は以下同)、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムが地元セントルイス州の高校でバスケットボールキャンプを開催。その際に応じた『NBC Sports』の取材で「僕はいつだって自分のこと、それにチームメイトたちのことを信じている」と口にし、さらにこう続けた。「...
別窓で開く

「お前を誇りに思ってるぞ!」テイタムの父が息子の奮闘を称賛「私の目には勝者だと映っている」<DUNKSHOOT>
ボストン・セルティックスのオールスターフォワード、ジェイソン・テイタムは、今季トップスコアラーとしてチームをゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナルへと導いた。 この頂上決戦ではシリーズ平均21.5点、6.8リバウンド、7.0アシスト、1.2スティールに3ポイント成功率45.5%をマーク...
別窓で開く

「自分の全てを持ち込んでみせる」。セルティックスのテイタムが初のファイナルへ意気込み「あとはこの瞬間を楽しむだけ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月1日、今年のNBAファイナルに出場するボストン・セルティックス、ゴールデンステイト・ウォリアーズの選手たちと両ヘッドコーチが前日会見に臨んだ。 2010年以来、12年ぶりのファイナルへ駒を進めたセルティックスを牽引するジェイソン・テイタムは、初の頂上決戦を前に「不思議な感覚」と心境を語っ...
別窓で開く

エイトンとサンズの間に亀裂?大一番で17分の出場に終わった一件にウィリアムズHCは「内部の問題」<DUNKSHOOT>
現地時間5月15日にアリゾナ州フェニックスで行なわれたフェニックス・サンズとダラス・マーベリックスによるプレーオフ・カンファレンス準決勝第7戦は、123−90と予想外の大差でアウェーのマーベリックスが勝利。初優勝を果たした2011年以来のカンファレンス決勝に駒を進めた。...
別窓で開く

カリー、アデトクンボ、デュラント——。NBAスターたちのシーズン最多敗戦数を紹介【Part.1】<DUNKSHOOT>
今年のプレーオフでは、NBAの“キング”レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が不出場、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは1回戦敗退と、リーグを代表するスターの2人が早々に姿を消した。...
別窓で開く

ポール、ウエストブルックらを輩出!NBAの歴代ベスト“ドラフト4位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去3回に続き、「ドラフト4位指名」の最強チー...
別窓で開く



<前へ1234次へ>