本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「まさに光り輝いていた」と再敬礼! MLB公式が上原浩治を「PSでベストパフォーマンスをした選手」に選出
かつて巨人やボストン・レッドソックスなどで活躍し、現在は野球解説者を務める上原浩治氏。不動のクローザーとして世界一に貢献した2013年の“驚異的なパフォーマンス”が、ふたたび脚光を集めている。【動画】米メディアも鮮明に記憶!上原が世界一に輝いた瞬間をチェック 現地時間10月2...
別窓で開く

フィリーズが11年ぶりの大舞台へ! エンジェルスは「プレーオフ最長不出場」チームの不名誉に
メジャーリーグは現地時間10月3日、フィラデルフィア・フィリーズが敵地のヒューストン・アストロズ戦に3対0で勝利。マジック1としていたプレーオフ進出を自力で決めた。これにより今季のプレーオフ出場チームの顔ぶれが両リーグとも出揃う形になっている。...
別窓で開く

大谷翔平、今季6度目のマルチ本塁打を記録 ファンはジャッジとのMVP争いに注目
ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は6日(現地時間5日)、本拠地で行われたデトロイト・タイガース戦にスタメン出場し、マルチ本塁打を放った。【ツイート】勝利を確実なものとする本塁打■大谷選手の活躍でチームは勝利3番・指名打者で出場した大谷選手は、1死1塁で迎えた初回の第1打席にライトへの2...
別窓で開く

【トレード・デッドライン総まとめ|ア・リーグ】大谷翔平を逃したヤンキースは投打にバランスの取れた補強を展開! マリナーズは大物先発投手の獲得に成功 <SLUGGER>
現地8月2日、メジャーリーグはトレード・デッドラインを迎え、例年通り、締め切り直前になって数々の大物が動く激しい1日となった。果たしてどの選手がどのチームへ移籍したのか、主な動きをまとめていこう。...
別窓で開く

スタントンの豪打炸裂! MLB球宴は怒涛の一発攻勢でア・リーグが勝利。大谷翔平はカーショウからの初ヒットで今季も見せ場
現地時間7月19日、ドジャー・スタジアムで行なわれたMLBのオールスターゲームは、アメリカン・リーグが、ナショナル・リーグを3対2で接戦を制した。 大都市ロサンゼルスでの開催とあって、試合前から例年以上の盛り上がりを見せた今季のオールスター。...
別窓で開く

「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ア・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から大谷との「マッチ度」を検証する。※SLUGGER2022年3月号の企...
別窓で開く

【MLB】FA補強中間評価を現地放送局が発表!1位は球界最強シャーザーを獲得したメッツ。大谷擁するエンジェルスは?
現地時間12月14日、米スポーツ放送局『ESPN』は「MLB各チームどのくらいFA補強で課題を改善したか」という独自ランキングを発表。選手会との新労使協定を巡る交渉に難航するMLBが現在全業務が凍結するなかで、全30球団のここまでの補強を評価した。 栄えある1位に位置付けられたのは、ニューヨーク・メ...
別窓で開く

MLB注目のトレード候補5選——サイ・ヤング賞3度の大エースとメジャー屈指の遊撃手をヤンキースが両取り?16年MVP三塁手はどこへ……<SLUGGER>
MLBのトレード期限は7月30日。まだ先だが、早くもいろいろと噂が飛び交っている。果たして今季は誰が移籍するのか? 今回は注目のトレード候補選手たちを紹介しよう。▼マックス・シャーザー(ナショナルズ) 現役最多3度のサイ・ヤング賞を受賞している大エース。今季で36歳になるがまだその実力に衰えはなく、...
別窓で開く

「球界でも屈指の怖さを…」MLB分析者が“全球団攻撃陣ランク”を選定! 大谷&トラウトを擁するエンジェルス打線の格付けは?
復調の兆しを見せる大谷翔平を加えたロサンゼルス・エンジェルスの攻撃陣は、メジャー30球団のなかでいったいどれほどの位置づけなのか。現地メディアが興味深いランキングを発表したので紹介しておこう。 現地時間3月3日に行なわれたテキサス・レンジャーズとのオープン戦で、バックスクリーンを悠々と超える、推定飛...
別窓で開く

メジャーのゴールドグラブ発表! マエケン&秋山はイチロー以来の受賞を逃す
現地時間3日、メジャーは守備で輝きを放った選手を称えるゴールドグラブ賞を発表した。日本人ではア・リーグ投手部門で前田健太(ツインズ)、ナ・リーグ左翼手部門で秋山翔吾(レッズ)がノミネートされていたものの、10年連続で同賞に輝いていたイチロー以来の受賞とはならなかった。...
別窓で開く


<前へ12次へ>