本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



初陣勝利のガットゥーゾ監督、“新生バレンシア”を称賛「犠牲と熱意をもってプレーした」
バレンシアを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、14日に行われたラ・リーガ開幕節ジローナ戦を振り返った。15日付でスペイン紙『アス』が伝えている。 今夏に、ホセ・ボルダラス前監督の後任としてガットゥーゾ氏を招へいしたバレンシア。...
別窓で開く

「合理性の欠如」「辻褄が合わない」「武士は食はねど高楊子」昭和の軍人が打ち明けていたリアルすぎる肉声
 東條英機、荒木貞夫、瀬島龍三……軍人たちの肉声を聞き考える。あの戦争は何だったのか。評論家・近現代史研究者の辻田真佐憲氏による「文藝春秋が報じた軍人の肉声」(「文藝春秋」2022年9月号)を一部転載します。◆◆◆■率先して、あらゆる証言を集めたジャーナリズム さきの戦争はいまだにその名称が定まって...
別窓で開く

大谷翔平、7回のダメ押しタイムリー安打を含む3出塁!エンジェルスは5月以来の2カード連続勝ち越し
現地時間8月14日、本拠地で行なわれたミネソタ・ツインズ戦で、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「2番・DH」で先発出場。2打数1安打2四球、7回にはダメ押しのタイムリー安打を放ち、チームの勝利に貢献した。 ツインズの先発は、大谷とこれまで6度対戦して5打数1安打のクリス・アーチャー。...
別窓で開く

波紋を呼んだ大谷翔平の“走塁死”は「私の判断」。エンジェルス監督代行が経緯を説明「正直、失敗だった」
試合終盤に見られた“走塁ミス”について指揮官が弁明している。【動画】バクストンのファインプレー? それとも大谷のミス? 米記者も沸いた問題のシーンをチェック 現地時間8月13日、本拠地ミネソタ・ツインズ戦に「2番・DH」でスタメン出場したロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は...
別窓で開く

エンドンベレが来週中にもナポリ移籍完了か…買い取りOP付きの1年ローンになる見込み
トッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレのナポリ移籍成立が近づいているようだ。14日、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が、自身の『Twitter』で報じている。 報道によると、買い取りオプション付きの1年間のローン移籍で、両クラブが口頭合意に至ったとのこと。...
別窓で開く

絶好機を逸した大谷翔平の“ミス”が波紋! 米番記者は「オオタニの走塁は無意味だった」と辛辣意見
絶好機を逸してしまうワンプレーだっただけに、批判の声が上がっている。現地時間8月13日に本拠地で行なわれたミネソタ・ツインズ戦で大谷翔平が見せた走塁だ。 この試合に「2番・DH」で先発出場した大谷は、0対3と負けていた8回裏の第4打席に26号アーチをマーク。...
別窓で開く

加藤茶 ドリフ加入秘話明かす「木の実ナナがいたんだ。まだナナは18歳ぐらいで」
 「ザ・ドリフターズ」の加藤茶(79)が13日放送のTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)にゲスト出演。ドリフターズへの加入秘話を明かした。 父の郷里であった福島県で育ったという茶。映画館での映写技師のアルバイトを経て、「東京に出てきて、何か仕事見つけようとした時に、“バンドボーイ求む”っ...
別窓で開く

ビル・ラッセル??ディフェンスでNBAに革命を起こした男が“真の勝者”となるまで【NBAレジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
7月31日に88歳で死去したビル・ラッセルは、NBAファイナルの最優秀選手賞にその名を残している。ファイナルMVPは、ほかならぬマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)の6回が最多受賞記録。マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)も3回受賞しているが、ラッセル自身の受賞経験は一度もない...
別窓で開く

タイガース野手の“走塁妨害”が物議!ヘッドスライディングを足で阻止する危険行為に怒りの声「許されるものではない」
メジャーリーグで起きた“走塁妨害”が、波紋を呼んでいる。 現地時間8月12日のシカゴ・ホワイトソックス対デトロイト・タイガース戦だ。スコアボードに0が並ぶ6回裏。先頭打者ルイス・ロバート(ホワイトソックス)がショートへの内野安打で出塁した。...
別窓で開く


[ ルイス ] の関連キーワード

dunkshoot タイガース バレンシア 加藤茶 ナポリ
nba リアル