本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「むっちゃかっけえ」福岡vs.浦和のルヴァン杯決勝“煽り動画”に反響「獲るぞ!初タイトル!」「想いの強さをぶつけよう」
 11月4日に開催されるルヴァンカップ決勝で、アビスパ福岡と浦和レッズが国立競技場で激突する。 大一番に先がけ、Jリーグの公式Xが「決勝、聖地国立。勝つのは福岡か浦和か」と綴り、告知ムービーを投稿。福岡と浦和の選手のプレーやゴールに歓喜する姿、応援するサポーターなどが収められ、最後に「2023.11...
別窓で開く

「非常に良い仕事」「180分間走り続けて…」アウェー名古屋戦で決勝弾!福岡の35歳FWウェリントンを監督&主将も絶賛!【ルヴァン杯】
[ルヴァンカップ準決勝・第2戦]名古屋グランパス 0−1 アビスパ福岡/10月15日/豊田スタジアム アビスパ福岡は10月15日、ルヴァンカップ準決勝・第2戦で名古屋グランパスと対戦。1−0で退け、2戦合計2−0で決勝へ進出した。 昨季に阻まれたベスト4の壁を打ち破る原動力となったのが、FWウェリン...
別窓で開く

さすらいのストライカー山岸祐也が語る福岡愛!ルヴァン杯決勝では「エンブレムの上に星を」
[ルヴァンカップ準決勝・第2戦]名古屋グランパス 0−1 アビスパ福岡/10月15日/豊田スタジアム アビスパ福岡は10月15日、ルヴァンカップ準決勝の第2戦で名古屋グランパスと敵地で対戦。1−0で勝利を収め、2戦合計2−0でクラブ初の決勝の舞台へ駒を進めた。 エースストライカーの山岸祐也は、「率直...
別窓で開く

決定力向上でより怖い選手に!福岡でいまだ無得点の井手口陽介が「課題」を口に。試合後に恩師と握手、気になる会話の内容は?
 アビスパ福岡は10月15日、ルヴァンカップ準決勝の第2戦で、名古屋グランパスと敵地で対戦。開始直後にCKからウェリントンが奪ったゴールを守り切り、第1戦に続いて1−0で勝利を収め、クラブ史上初の決勝進出を果たした。 今年2月にセルティックからレンタルで加入した井手口陽介は、後半の頭から出場。...
別窓で開く

「上手いプレーは、そんなにたくさんはないですが...」クラブ初の決勝進出に福岡の長谷部監督も手応え!「自分たちらしさを出すことができました」【ルヴァン杯】
[ルヴァンカップ準決勝・第2戦]名古屋グランパス 0−1 アビスパ福岡/10月15日/豊田スタジアム アビスパ福岡は10月15日、名古屋グランパスとのルヴァンカップ準決勝・第2戦を敵地で戦い、ウェリントンのゴールで1−0の勝利を収めた。 第1戦を1−0で終え、アドバンテージを持って臨んだ福岡は、2戦...
別窓で開く

福岡、名古屋に2戦連続完封勝ちでルヴァン杯決勝へ進出!…クラブ史上初タイトルへ王手
JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝の第2戦が15日に行われ、名古屋グランパスとアビスパ福岡が対戦した。 2021年以来のルヴァンカップ制覇を目指す名古屋と、クラブ史上初のタイトル獲得を目指す福岡の一戦。11日に福岡の本拠地で行われた第1戦では、前半アディショナルタイムに鶴野怜樹が挙...
別窓で開く

福岡、ルヴァン杯で初の決勝進出! 準決勝2戦合計2−0で名古屋を撃破、第2戦はウェリントン弾で勝ち切る
 10月15日にルヴァンカップ準決勝の第2戦で、名古屋グランパスとアビスパ福岡が対戦。福岡が1−0の勝利を収めた。 開始5分、アウェーの福岡がさっそく先制する。紺野和也の右CKはブロックされるも、そのこぼれ球をウェリントンが押し込む。 リードを得た福岡は、コンパクトな陣形を保ちつつ、ハイプレスや素早...
別窓で開く

感動的な決勝弾。福岡・鶴野怜樹のゴールの裏にあった長期離脱中の先輩FWへの心打つメッセージ【ルヴァンカップ準決勝第1戦】
[ルヴァンカップ・準決勝第1戦]福岡1−0名古屋/10月11日/ベスト電器スタジアム ルヴァンカップの準決勝・第1戦、ホームのベスト電器スタジアムで、名古屋にまず先勝したのは福岡だった。 川崎の本拠地である等々力陸上競技場で行なわれた天皇杯の準決勝・川崎戦から中2日。...
別窓で開く

福岡が鶴野怜樹のゴールで先勝! 敗れた名古屋はホームでの逆転を狙う
JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第1戦が11日に行われ、アビスパ福岡と名古屋グランパスが対戦した。 クラブ史上初となるタイトル獲得を目指す福岡が、2021年以来のルヴァンカップ制覇を目指す名古屋を『ベスト電器スタジアム』に迎えての第1戦。ホームの福岡は33分、相手陣浅い位置でFK...
別窓で開く

鶴野怜樹が値千金のヘッド弾!福岡が名古屋に1−0で先勝!史上初の決勝進出に前進【ルヴァンカップ準決勝第1戦】
 10月11日に開催されたルヴァンカップ準決勝第1戦で、アビスパ福岡と名古屋グランパスが前者の本拠地ベスト電器スタジアムで激突した。 徐々に押し込むようになった福岡は24分、鶴野怜樹が抜け出し、ペナルティエリア内で左足を振り抜くも、相手守護神ランゲラックに阻まれる。...
別窓で開く


<前へ12次へ>