本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



張本智和、伊藤美誠らが出場 2022年世界卓球成都大会の出場国が発表
WTT(World Table Tennis)は22日、2022年9月末に開幕する世界卓球選手権成都大会の出場国を公開した。男女各40か国が出場2022年世界選手権成都大会は、男女各40か国が出場する国別の対抗戦となっている。22日に発表されたリストには、東京五輪で金メダルを獲得したホスト国の中国や...
別窓で開く

張本智和、伊藤美誠ら日本勢6選手が選出 WTTチャンピオン出場選手リストが公開
24日、WTT(World Table Tennis)は、史上初の開催となる「WTTチャンピオン」の出場選手男女各30名を発表した。日本からは6選手が参加「地上最強の32名が集う大会」というキャッチコピーの「WTTチャンピオン」は、男女各32名の選手がトーナメント方式で優勝を争う。...
別窓で開く

サッカー好きならご存知「UEFAネーションズリーグ」でイングランドに快勝したことで注目のハンガリーですが、今回の「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第36回はハンガリーの伝統料理「グヤーシュ」に挑戦です!ハンガリーはオーストリア、スロバキア、ウクライナなど複数の国に囲まれた内陸国。海がないため肉中...
別窓で開く

「ウクライナ軍の成功が戦争をより暴力的な方向に向かわせる」エマニュエル・トッドが語った“この戦争が長期化する”理由
「ウクライナ軍が軍事的に成功すればするほど、ロシア軍はより強い武器を用いることになり、戦闘はいっそう激化していきます。実際、その傾向がすでに見られます。」 いまだ戦火のやまぬロシアのウクライナ侵攻に対して、仏の歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏は何を思うのか? トッド氏の新刊『 第三次世界大戦はも...
別窓で開く

「他人には用心、信頼できない警察、国会、ましなのがテレビ」ロシア人意識調査からウクライナ問題を考える
 破壊されるウクライナの町、逃げ惑う市民の映像、他方でロシア発の「ウクライナはネオナチ、戦争の責任はNATOだ」というプロパガンダ。日本で連日報道される悲惨なウクライナ戦争を見ながら、ロシアの人は実態を知っているのか、近隣諸国の人たちはロシアをどう思っているのか、疑問がわいても実態や背景がなかなか理...
別窓で開く

米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く

旅人マリーシャの世界一周紀行「旅人の心を癒すルーマニア風ロールキャベツ・サルマーレ」第327回
今回の「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第35回は、前回に引き続きウクライナ周辺国から、ルーマニアの伝統料理「サルマーレ」を作りたいと思います。ルーマニアは東欧に位置する共和制国家。日本の本州と同じくらいの大きさで、ウクライナ、モルドバ、ブルガリア、セルビア、ハンガリーなど複数の国に囲まれていま...
別窓で開く

いつまで日本は「敵国」か?=死文化されても消えない「旧敵国条項」—日中領土紛争にも絡む?
◆日本政府、国連改革の優先事項に国連憲章にはいまだに旧敵国条項が記載されている。この旧敵国条項の削除は、日本政府が目指す国連構想改革の優先事項の一つとなっている。1945年10月に設立された国際連合には、第二次世界大戦で連合軍と戦った国を敵国としてみなす条項が、国連憲章第53条、第77条及び第107...
別窓で開く

世界情勢が激動している今、「世界の国々を網羅的に理解できる」と話題の本が『読むだけで世界地図が頭に入る本』です。ロシアとウクライナの戦争が起こるまで、ウクライナがどこにあって、どんな国なのかを知らなかった人も多いと思います。それだけでなく、東欧諸国がそれぞれどんな国なのかを知らない人も多いはず。ポー...
別窓で開く

米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く


[ ルーマニア ハンガリ ] の関連キーワード

グヤーシュ ルーマニア サルマーレ ウクライナ ハンガリ
ヒトラ トッド ロシア wtt

<前へ123456789次へ>