本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く

「年俸は4倍に跳ね上がった」いじめ騒動に揺れた韓国バレー双子姉妹の現在と明暗「最悪の場合は引退も」
2021年の韓国スポーツ界に衝撃を与えた人物と言えば、やはり筆頭に挙がるのがこの双子姉妹だろう。元韓国女子バレーボール代表のイ・ジェヨン&ダヨンのコンビである。【画像】肉感あふれる美女揃い! 韓国の人気チアリーダー“トップ8人”を厳選フォトで一挙紹介! 昨年2月に高校時代のい...
別窓で開く

 女子テニスのSARプリンセス・グランプリは20日、モロッコのラバトでダブルス決勝が行われ、穂積絵莉(日本住宅ローン)二宮真琴(エディオン)組が、モニカ・ニクレスク(ルーマニア)アレクサンドラ・パノワ(ロシア)組を破って優勝した。6—7、6—3からのマッチタイブレークを10—8で制した。(時事)【時...
別窓で開く

慰留の材料が揃った!? 鎌田大地、今夏のプレミア移籍が取り沙汰されるもEL制覇で一転フランクフルト残留の可能性も
フランクフルトは現地時間5月18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でレンジャーズをPK戦の末に下し、UEFAカップ時代の1979-80シーズン以来となる欧州タイトルを手にした。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻の引き金に!? アメリカ民主党の外交政策
ロシアのウクライナ侵攻が始まって、もうすぐ3か月になろうとしている。フィンランドやスウェーデンもNATO(北大西洋条約機構)に加盟する見通しとなり、西側諸国とロシアとの対立が鮮明になってきた。ロシアとNATOの緩衝国であることが当たり前だったウクライナが、なぜNATO加盟を望んだのだろうか? 国際弁...
別窓で開く

 【ロンドン時事】テニスの全仏オープン(22日開幕)の予選は19日、パリで行われ、本戦出場を懸けた女子シングルス3回戦で日比野菜緒(ブラス)はイリナ・バラ(ルーマニア)に6—7、4—6で敗れた。内島萌夏(フリー)も敗退した。(了)【時事通信社】...
別窓で開く

福西崇史が予想する日本代表のW杯GLでの勝敗内訳「1勝1敗1分」を解説
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

“中国国内では試合なし”WTAが女子テニスツアー後期日程を発表!全米後のアジアサーキットは日本と韓国だけに<SMASH>
WTA(女子テニス協会)が米国時間5月16日に未定だった全米オープン(8月29日〜9月11日)以降の大会日程を発表した。 女子ツアーの今季日程は、昨年国際的な問題にまで発展した中国女子選手ペン・シューアイさんへの性暴力とその後の失踪騒動がいまだ解決に至っていない状況を受け、同年12月にWTAが決めた...
別窓で開く

今年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻によって、これまで600万人以上が難民として国外に脱出している。これは第2次世界大戦以降で最悪のペースだという。ウクライナの難民問題はこれからどうなるのか。ハンガリーでウクライナ難民に直接取材した増田ユリヤさんに、池上彰さんが聞く——。(連載第1回)■お金も取...
別窓で開く

ソ連時代から脱却できていないロシア、プーチンとそっくりなスターリンの手法 個人崇拝、暴力的な対外政策、恐怖政治
(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家)ナチスと手を組んだスターリン ロシアのプーチン大統領は、5月9日の戦勝記念日で、ナチス・ドイツを打ち破った戦いを誇示し、この世界から、迫害する者、懲罰を与える者、それにナチスの居場所をなくすために戦うと述べた。 開いた口がふさがらないとはこのことだ。...
別窓で開く