本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保一監督の「森保ノート」が話題 羽鳥慎一も「デスノート」と絡めて冗談
7日(2022年12月)の「モーニングショー」で、司会の羽鳥慎一が「ワールドカップグループステージで強豪国・ドイツ、スペインを破った日本です。日本代表を世界中が今、称賛しています。こうした中でヨーロッパのビッグクラブが日本代表のメンバーに熱い視線を送っています」と切り出した。イングランドの名門・リバ...
別窓で開く

「三笘の1mm」に不満でVAR廃止主張...元英代表に山本左近議員が苦言 「日本に負けるはずがないと心底思っているんだろう」
元F1ドライバーで衆院議員の山本左近氏が2022年12月4日、サッカー元イングランド代表のスタン・コリモア氏が「VAR廃止」を主張したと報じられた件について、「日本に負けるはずがないと心底思っているんだろう」などとツイッターで苦言を呈した。...
別窓で開く

「前田の献身的なプレーが報われた」海外記者がクロアチア戦を戦った森保ジャパン全16選手を独自採点「鎌田のベストを見たかった」【W杯】
 現地時間12月5日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で、日本代表はクロアチア代表と対戦。試合は延長戦を含む120分間で1−1と決着がつかず、PK戦(1−3)の末、敗戦となった。 またしても史上初の8強入りを逃した日本。...
別窓で開く

責任痛感、雪辱誓う=南野、人生「最悪な日」—W杯サッカー
 クロアチア戦のPK戦で1番手のキッカー役を務めながら、GKに阻まれた南野は「きのうは間違いなく自分が生きてきた中で最悪な日だった」と振り返った。駆け寄ってきた仲間の励ましが「痛かった」。責任を痛感していた。 森保監督が立候補制でキッカーを決めることは知らなかったという。選手たちは一様に沈黙し、5秒...
別窓で開く

南野拓実「じゃあ、俺が行く」知らなかったPK戦の立候補制…人生最悪の日からリベンジ誓う
 サッカー・FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の日本代表メンバーが6日、PK戦の末にクロアチア代表に屈した決勝トーナメント1回戦から一夜明け、ドーハのキャンプ地で報道陣の取材に応じた。PK戦で日本代表の1番手のキッカーを務めながら、GKに阻まれた南野拓実(モナコ)は「昨日は間違いなく、自分の...
別窓で開く

<サッカー>韓国を嘲弄?ブラジル選手らのダンスに批判=韓国ネット「不快」「特になんとも…」
2022年12月6日、サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦が行われ、ブラジル代表は韓国代表を4‐1で下し、ベスト8に進出した。韓国・東亜日報によると、この試合でブラジル代表選手らはゴールを入れるたびにダンスを踊るゴールセレブレーションを行ったが、これをめぐり「失礼だ」と批...
別窓で開く

南野、PK戦キッカーに立候補した「10番」の意地…勇気は無情にも実らず
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の決勝トーナメント1回戦は5日(日本時間6日未明)、日本代表が1−1からのPK戦の末にクロアチア代表に屈して今大会の敗退が決まった。 PK戦での敗退が決まった瞬間、膝から崩れ落ちた南野はピッチに両腕をつき、動けなくなった。震える肩を仲間に順に抱か...
別窓で開く

ブラジル“第3GK”投入に韓国内物議? 韓国紙「危機感があれば主力選手やGKを交代させない」
 FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会でブラジルに1−4で敗れ、決勝トーナメント1回戦で敗退した韓国代表。ブラジルの選手交代について、韓国紙が疑問を投げかけている。 韓国・中央日報は「韓国を嘲弄? ブラジル監督、後半35分に主力GKを交代」と報道。...
別窓で開く

W杯で躍動する三笘薫にリバプール専門メディアが熱視線!「彼の才能はクロップの下で発揮されるべきだ」と獲得を進言
カタール・ワールドカップ(W杯)で躍進を遂げている日本代表。グループリーグの戦いでは、優勝経験がある強豪のドイツ、スペインを逆転で下し、E組首位突破を成し遂げるというインパクトを与え、チームの勢いは出場国のなかでも際立っていると言えるだろう。...
別窓で開く

「ウルグアイの皆さん、ごめんなさい」衝撃の敗退から数日…“後継者”ヌニェスの謝罪にスアレスがエール「必ず…」【W杯】
 現地時間12月2日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループH最終戦で、ウルグアイはガーナと対戦し、2ー0で勝利を収めた。しかし、真裏で韓国がポルトガルを2−1で破る大金星を収めたため、総得点の差で韓国の後塵を拝して3位となり、まさかのグループステージ敗退となった。...
別窓で開く


[ リバプール ] の関連キーワード

クロアチア デスノート ウルグアイ ブラジル ジャパン