本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



軽油臭くない! 「輸入バイオ燃料」西武バスが路線バス初導入 100%使用 価格も現実的?
西武バスが廃食油などから精製された輸入「バイオ燃料」を国内の路線バスで初導入。しかも100%使用のため、鉱物油特有の臭いもありません。西武バスにとっては2種類目となるバイオ燃料、なぜ導入するのでしょうか。北欧メーカーのバイオ燃料を路線バスに導入 西武バスが、いわゆるバイオ燃料のひとつ「リニューアブル...
別窓で開く

軽油に代わる「リニューアブル燃料」路線バス初の100%使用 車両そのままGHG9割減! 西武バス
所沢で走ります!西武バスが日本初「リニューアブル燃料100%」 西武バスと伊藤忠エネクスは2022年7月6日(水)、「リニューアブルディーゼル」を使用した路線バスを14日(木)より、西武バス所沢営業所にて運行すると発表しました。 リニューアブルディーゼルとは、廃食油や動物油などを原料に製造し、既存の...
別窓で開く

【深センIPO】鉄・アルミ鋳造製品の江蘇宏徳特種部件、初値は公開価格を37.08%上回る
 鉄・アルミ鋳造製品メーカーの江蘇宏徳特種部件(301163/深セン)が4月19日、深セン証券取引所の創業板に新規上場した。公開価格26.27元に対し、初値は37.08%高い36.01元だった。 同社は1994年設立の民営企業で、2017年に株式会社化した。...
別窓で開く

【深センIPO】鉄・アルミ鋳造製品の江蘇宏徳特種部件が7日に公募開始、2040万株発行予定
 深セン証券取引所の創業板への上場を目指す江蘇宏徳特種部件(301163/深セン)が4月7日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。2040万株を発行予定で、公募価格は6日に発表する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は1994年設立の民営企業で、2017年に株式会社化した。...
別窓で開く

バイデン政権が石油備蓄を放出する「もう1つの理由」
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙氏が4月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。戦略石油備蓄から日量100万バレルを今後6ヵ月間放出するという米ホワイトハウスの発表について解説した。...
別窓で開く

優待株のオリックス、株価の行方は。急拡大する再生可能エネルギー市場に新サービス投入へ
株式市場では日々、多くの企業の株価が、様々な材料をもとに変動しています。今回は、発電所の発電効率や生産性の「見える化」を支援するサービスを開始すると発表したオリックス(8591)を取り上げます。今後の株価はどうなるのでしょうか。...
別窓で開く

2021年のIPO活況! 14年ぶりの100社超え AIやDX関連などテック企業がけん引
2021年に新規株式公開(IPO)を果たした会社の数は、125社で、2007年(121社)以来14年ぶりに100社を超えた。前年の93社から32社増えた。なかでも、12月単月だけで32社にのぼる高水準で、市場は活況が続いている。同社によると、2021年の世界のIPO社数は過去最高を更新。...
別窓で開く

エネオスHGが再エネの新興企業を買収 「CO2ゼロ」実現へ、急ぐ化石燃料からの転換
石油元売り国内最大手のENEOSホールディングス(エネオスHD)が、再生可能エネルギーの新興企業「ジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)」(東京都港区)を買収する。石油元売り大手による初の再生エネベンチャーの大型買収になる。世界的な脱炭素化の流れを受け、石油に依存した事業構造を転換し、再生エネ...
別窓で開く


<前へ1次へ>