本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ガスプロム取締役も断念=プーチン氏と親密—元独首相
 【ベルリン時事】ドイツのシュレーダー元首相は24日、ロシア国営天然ガス独占会社ガスプロムの取締役就任を断念したと表明した。ビジネス向けインターネット交流サイト(SNS)、リンクトインへの投稿で明らかにした。 シュレーダー氏は「就任の断念は以前から決めていた」と主張した。ガスプロムはロシアのウクライ...
別窓で開く

 ロイター通信など複数の西側メディアは23日、ロシアの在ジュネーブ国際機関代表部に勤務するロシア人外交官が自国のウクライナ侵攻に抗議して辞職したと報じた。 この外交官はボリス・ボンダレフ氏で、ビジネス向けのインターネット交流サイト(SNS)リンクトインに声明を投稿した。...
別窓で開く

「ダメ出しで全否定する学校教育が、若者の精神や行動を束縛している」日本が世界幸福度ランキング56位に低迷する“納得の理由”
 日本は便利な社会である一方、生活が息苦しいと感じている人も多いのではないだろうか。そうした息苦しさは、近年急速に進んでいる日本の国際的な地位低下が要因のひとつとして考えられる。 ここでは、経済評論家の加谷珪一氏が「日本人の消費マインド萎縮」の現状をデータをもとに分析した論考『 国民の底意地の悪さが...
別窓で開く

「戦犯プーチンを捕まえろ」100万ドルの懸賞金をかけたロシア実業家
ロシア出身のある実業家が、ロシアのプーチン大統領を指名手配し、注目を集めている。3日(現地時間)、英国インディペンデント紙など外信によると、有名実業家コナニキン氏(55)がプーチン大統領を公開手配し、100万ドルの懸賞金をかけたと報じた。コナニキンは1991年、エリツィン政府から外国為替取引の許可を...
別窓で開く

【本棚を探索】第5回『マイケル・ジェンセンとアメリカ中産階級の解体』ニコラス・レマン 著/濱口 桂一郎
■米国経済の百年を描く なんだかよく分からないタイトルだけど、過去100年のアメリカの経済社会を、ハイレベルな思想と末端の現実の両方から描き出した、思想史とルポルタージュがまだら模様になった奇妙な味わいの本だ。経済思想史のキーマンはアドルフ・バーリ、マイケル・ジェンセン、リード・ホフマンの3人だが、...
別窓で開く

自分へのプレゼントとしてネット注文したiPhone 箱の中身は板チョコ2枚で激怒(英)
ネットで注文したiPhone 13 Pro Maxが届き、その箱を開封した男性が「中身は板チョコ2枚だった」と明かして物議を醸している。約16万円で購入したiPhoneが300円ほどの板チョコに代わっていたことに激怒した男性は、いまだiPhoneを手にしていないそうだ。『LADbible』などが伝え...
別窓で開く

みんな「テレワーク疲れ」ってホントか...... 時代の一歩先をいく「ハイブリッドワーク」とは?
「働き方改革」と同時に、新型コロナウイルスの感染防止もかねて企業に広がった「テレワーク」だが、ここ最近は出勤を希望する人が増えているようだ。理由は、1年半にもわたった在宅勤務に「テレワーク疲れ」を感じる人が多くなったというのだ。本当だろうか。テレワークを、本来に実のある働き方にするにはどうしたらよい...
別窓で開く

グーグル「北のハッカー、サイバーセキュリティの専門家たちにハッキングの試み」
北朝鮮のハッカーたちは、各国のサイバーセキュリティの専門家たちを相手に、ハッキングを試みているという分析が伝えられた。世界最大のインターネット検索企業“グーグル”の「危険分析グループ(TAG)」は25日(現地時間)、ブログを通じて「北朝鮮当局の支援を受けていると推定されるハッカーたちが、ここ数か月間...
別窓で開く

結婚・出産で自信を失っていく日本の女性〜働くママたちのリアル
30代の筆者の周囲では、学歴や所得が高くても「就職できるのだろうか」「子育てでブランクがある自分に仕事ができるだろうか」「やっぱりキャリアを諦めるべきか」など、働くことに自信をもてない女性の声を耳にします。...
別窓で開く


<前へ1次へ>