本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



THE RAMPAGE川村壱馬・吉野北人・藤原樹ら、貴重な姿のファン垂涎の場面写真公開 試写会&ライブショーも決定<HiGH&LOW THE WORST X>
【モデルプレス=2022/06/29】16人組ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、吉野北人、藤原樹らが出演する9月9日公開の映画『HiGH&LOW THE WORST X』(読み:「X」=クロス)の場面写真が公開された。...
別窓で開く

オリ・ラオウ杉本 8号V3ランで天敵・東浜を“昇天”させた 中嶋監督「やっと出ましたね」
 ◇パ・リーグ オリックス5ー0ソフトバンク(2022年6月22日 京セラD) 狙い澄ました一撃だった。0—0の6回無死一、二塁。オリックス・杉本は「ここしかない」と振り抜いた。東浜の148キロ直球を、バックスクリーン右へ決勝8号3ラン。ベンチ前で、おなじみの昇天ポーズ。チームが18年9月25日から...
別窓で開く

ソフトバンク東浜 プロ初対決ラオウに決勝3ラン被弾「打たれたのは失投。申し訳ない」
 ◇パ・リーグ ソフトバンク0—5オリックス(2022年6月22日 京セラD) 20日に誕生日を迎え、32歳初登板となったソフトバンク・東浜巨投手が6回8安打3失点で2敗目。自らを祝う投球にできなかった。 最速151キロの直球にカットボール、シンカーを組み合わせ、5回まで無失点にしのいだ。しかし、0...
別窓で開く

オリ・ラオウ杉本 東浜撃ち8号V3ラン「“ここしかない”と思って打席に入った」 田嶋は今季初完封3勝
 ◇パ・リーグ オリックス5ー0ソフトバンク(2022年6月22日 京セラD) オリックスの「ラオウ」こと杉本が、決勝8号3ランを放った。 「宗と(吉田)正尚がチャンスの場面で回してくれましたし、いい投手なので“ここしかない”と思って打席に入りました。(スタンドに)届いてくれて、よかったです」 0—...
別窓で開く

ソフトB・東浜 32歳初登板へ「特に変えずに」オリ・ラオウ杉本を警戒
 22日のオリックス戦に先発するソフトバンク・東浜は20日に誕生日を迎えたばかり。32歳になっての初登板に向けて「開幕から1年間しっかりチームの勝ちに貢献するのが目標なので特に変えずにいく」と話した。 オリックス戦は4連勝中。プロでは初対戦となる主砲・杉本を「映像で見る印象とマウンドでは違うと思うの...
別窓で開く

オリ、逆転負けで3カード連続負け越し 由伸「ノーノー」の勢いに乗れず…
 ◇パ・リーグ オリックス2—3西武(2022年6月19日 ベルーナD) オリックスは逆転負けで3カード連続の負け越し。前日18日の対戦で山本がノーヒットノーランを達成。勢いに乗りたかった一戦で連勝はならなかった。 初回先頭の福田、宗の連打で無死一、三塁とし、吉田正が先制の右前適時打。...
別窓で開く

オリ・杉本「お父さん、ありがとう!」父の日に感謝の7号ソロ
 ◇パ・リーグ オリックス—西武(2022年6月19日 ベルーナD) オリックスの「ラオウ」こと杉本が「4番・右翼」で先発出場し、7号ソロを放った。 1—0の4回先頭。カウント2—2からの5球目、下手投げの與座が投じた外角低め120キロを強振し左翼ポール際へ放り込んだ。...
別窓で開く

“ラオウ”杉本裕太郎復調でオリックスが借金返済! 交流戦終盤戦で首位ソフトバンク猛追へ
交流戦を2カード連続で負け越しスタートしたオリックスだが、先週は5勝1敗と大きく勝ち越し、一気に借金を完済。首位の福岡ソフトバンクとのゲーム差も「5」まで縮めた。...
別窓で開く

麒麟・田村裕が語るコンビ解散の危機、今でも川島への思いは“嫉妬99%”「『ラヴィット!』も「くそったれ」と思って見てます」
1999年にお笑いコンビ・麒麟を結成し、2007年に自伝『ホームレス中学生』がベストセラーとなった田村裕。映画・ドラマ・漫画・絵本などメディアミックス化され、麒麟としても田村にフィーチャーした仕事が急増した。しかしその後、徐々に川島が注目され始め、いまやコンビ格差は歴然。...
別窓で開く

ラプソードがもたらす“変革”と“進化”。ダルビッシュの名言にも通じる「正しい練習」の重要性<SLUGGER>
テクノロジーの波は、野球界にも確実に押し寄せている。 最近、野球中継などで「回転数」や「打球速度」、「打球角度」といったワードを頻繁に耳にするようになった。つい5年ほど前までほとんど使われることのなかったこれらの指標は、『トラックマン』『ホークアイ』、そして『ラプソード』といったトラッキング機器によ...
別窓で開く


[ ラオウ ] の関連キーワード

rampage slugger ソフトバンク worst オリックス
high the low

<前へ123456次へ>