本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「全面核戦争を覚悟しなければならない」小泉悠が明かした「ロシアが核使用に踏み切れない」事情
「48時間以内に占領する」つもりだったが…ロシアが「小国のウクライナ」に苦戦する3つの軍事的理由 から続く 今も継続するロシア・ウクライナ戦争において、ロシアが核を使用する可能性はどれくらいなのか? 同問題をロシア軍事の研究者の小泉悠氏が解説。新刊『 ウクライナ戦争 』より一部抜粋してお届けする...
別窓で開く

プーチン大統領「核使用」の日はくるのか?
先日、ロシアのプーチン大統領による年末恒例の大規模記者会見が、2022年は開かれないことが報道された。プーチン大統領が毎年12月に開く大規模記者会見は、年末の恒例行事で、国内外のメディアが一堂に会し、プーチン大統領に直接質問できる機会となっているが、ロシアのウクライナ侵略が想定通りに進んでおらず、プ...
別窓で開く

米「国家防衛戦略」に対し、日本側から懸念を提起する時期にきている
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が10月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米国防総省が発表した「国家防衛戦略」について解説した。共同宣言に署名するバイデン米大統領(左)とイスラエルのラピド首相(イスラエル・エルサレム) AFP=時事 写真提供:時事通信アメリカ国...
別窓で開く

まだ現役!? 初飛行から半世紀超のソ連「Tu-154」なぜヒット? ロシアの空港にピッタリだったワケ
ソ連・ツポレフ設計局が手掛けた3発ジェット旅客機「Tu-154」が、1968年10月3日に初飛行しました。40年以上にわたり1000機以上が製造された機体は、なぜここまでヒットしたのでしょうか。1000機以上が製造 旧ソ連(現ロシア)のツポレフ設計局が手掛けた3発ジェット旅客機「Tu-154」が、1...
別窓で開く


<前へ1次へ>