本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



長距離砲に小技が光る選手まで…WBC野手陣は歴代屈指の布陣
2月に入り、各球団がキャンプイン。新シーズンに向けてスタートを切った。今月中旬には、2023 WORLD BASEBALL CLASSICに臨む日本代表の強化合宿が行われる。世界一への期待が高まる今大会、歴代屈指ともいえる野手陣がそろった。今回はそんな野手陣の役割を読み解いていく。...
別窓で開く

18年前のイチロー、超絶“HRキャッチ”が再脚光! MLB公式は「決して偶然ではなかった」と見解
18年前の超ファインプレーが再び脚光を浴びている。 MLB公式サイトは2月5日、「『教えることはできない』5人の達人がHRを奪う方法を語る」と題して、5人の名手たちの印象的な“ホームランキャッチ”をピックアップ。そのなかで、2005年5月2日にセーフコ・フィールドでのエンジェ...
別窓で開く

高橋奎二&中村悠平の“侍バッテリー”がWBC球を試運転。”滑りやすい球”に悪戦苦闘も女房役は消極姿勢を指摘「もっと腕を振れ」
世界一奪還へ、侍たちが準備を進めている。 野球の日本代表、侍ジャパンのメンバーに選出されたヤクルトの高橋奎二が、初日に続き、キャンプ3日目もブルペン入りした。キャッチャーには同じく侍ジャパンに選出された中村悠平が座り、“侍バッテリー”がブルペンを盛り上げた。...
別窓で開く

「もっと目立って」ヤクルト高津監督がドラ1吉村貢司郎に注文!伸びのあるストレートには「練習を重ねればもっとできる」と称賛
ヤクルト期待のドラフト1位右腕が熱投を見せた。 沖縄県浦添市のANA BALL PARK浦添で春季キャンプ3日目を迎えたセ・リーグ覇者。この日のブルペンには、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出された高橋奎二が入った。...
別窓で開く

歴代最高の投手陣がここに! WBC世界一への鍵を握る日本投手陣を徹底分析
3月に開幕となる2023 WORLD BASEBALL CLASSIC。先日、日本代表の栗山英樹監督から登録予定選手となる30名の名前が読み上げられた。投手陣・野手陣ともに豪華な面々が選ばれており、2009年以来の世界一奪還へ向けていよいよボルテージが高まってきた。今回は、投手陣のメンバーで大きな役...
別窓で開く

【キャンプ展望:日本ハム】背番号「1」は誰がつかむ?清宮、万波、野村、二刀流ルーキーの矢澤…気になる新庄監督の禅譲先<SLUGGER>
就任1年目の昨シーズンだけでは、適任者は現れなかったようだ。 日本ハムの指揮官・新庄剛志は、今季も現役時代と同じ背番号「1」をまとう。 就任時、新庄監督は背番号「1」の後継者探しをチームの課題として挙げていた。会見では次のように語っている。「スター候補(となる選手)を僕が育てて、その子に背番号『1』...
別窓で開く

【キャンプ展望:ロッテ】新球フォーク習得に挑む小島、和製大砲の山口、「注目してほしい」田村の復活。”生粋のロッテファン”が挙げる注目選手<SLUGGER>
新たに吉井理人新監督を迎えたロッテが、今年も石垣島の春季キャンプで2023年シーズンをスタートさせる。今回、ロッテのことを知り尽くしているフリーアナウンサーの吉田伸男さんに、石垣島キャンプの見どころについて語ってもらった。「実は、フジテレビ在籍時代から石垣島のキャンプ取材には行っていたんです。...
別窓で開く

プロ注目の左腕・前田を擁する大阪桐蔭、夏春連覇を目指す仙台育英、“親子V”を目指す沖縄尚学…群雄割拠のセンバツを制するのは?<SLUGGER>
27日、3月18日から開幕する第95回記念選抜高校野球大会の出場校が発表された。例年より多い36校出場の中から、優勝争いに絡んできそうなチームをそれぞれ見ていきたい。 昨秋の明治神宮大会決勝は、2年連続で同カードとなった。結果は大阪桐蔭が大会連覇を果たし、準優勝は広陵。今センバツでもこの2校が中心と...
別窓で開く

【キャンプ展望:ソフトバンク】本気のオフ! 日本では珍しい叩き上げの藤本博史監督は大型戦力を機能させられるか?<SLUGGER>
ソフトバンクが本気を出している。 このオフは総額80億円とも言われる超大型補強を敢行。ロッテから守護神候補のオスナを獲得したかと思うと、日本ハムからFAとなった近藤健介の争奪戦も制し、とどめとばかりにレンジャースを退団した有原航平との契約にも成功している。...
別窓で開く

【キャンプ展望:DeNA】セ界屈指の好守を誇る京田陽太の加入で遊撃守備向上に期待。森敬斗とのライバル争いにも注目<SLUGGER>
昨季は73勝68敗でリーグ2位となったDeNA。1998年以来のリーグ優勝を狙う2023年、春季キャンプでまず注目されるのは中日からトレードで加入した京田陽太だ。 16年ドラフト2位でプロ入りした京田は1年目に新人王を獲得。その後も、21年までショートのレギュラーを守り続けていた。...
別窓で開く