本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



実は名前の読み方を間違えていた有名人ランキング
芸能界には個性的な名前を持つ有名人が多数存在します。なんとなく読んでいたところ、名前の読み方が違っていたということも少なくありません。そこで今回は、実は名前の読み方を間違えていた有名人について探ってみました。1位 黒木 華(くろき はる)2位 有吉 弘行(ありよし ひろいき)3位 米津 玄師(よねづ...
別窓で開く

GACKT マレーシアに新豪邸を建築中!設計も手がけた“驚異のこだわり”を直撃告白
9月下旬の朝8時ごろ、GACKT(49)が成田空港の到着口から現れた。手荷物は小ぶりなトランクだけ。待っていたマネージャーがすかさず近づきそのトランクを受け取る。ゆっくりと歩く彼は久しぶりの帰国の喜びをかみしめているようだった。映画関係者は言う。「GACKTさんは昨年9月に体調不良で無期限の休業を発...
別窓で開く

変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6月29日発売)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地...
別窓で開く

フジ秋ドラマ出演者たちの素顔がわかる3時間 長澤まさみの“謎”行動暴露、吉沢亮のマル秘エピソードも
フジテレビ系『FNSドラマ対抗お宝映像アワード』が、10月6日午後7時から放送される。今回が5回目の放送となる同番組では、10月から放送される新作ドラマの“撮れたて映像”や、同局に眠る貴重な“お宝映像”、撮影中に起こったハプニング&おもしろNGシーン、普段は見ることができないドラマの裏側などをたっぷ...
別窓で開く

【スポニチスカウト部(32)】東京ガス・臼井 社会人No.1右腕が歩むロッテ・美馬の道
 今秋のドラフト候補となる選手にスポットを当てる「スポニチスカウト部」。アマチュア担当記者の独自目線による能力分析とともに、選手たちの素顔を紹介する。第33回は東京ガスの最速154キロ右腕・臼井浩(いさむ)投手(28)。昨年の都市対抗優勝に導き、MVPにあたる橋戸賞を獲得した「社会人No・1投手」は...
別窓で開く

村上宗隆の「特大56号」&「最年少三冠王」に日本中が沸く! 歴史的W快挙にTwitterトレンドは“村上ワード”が続々ランクイン
史上最年少の22歳で三冠王に輝いた村上宗隆(ヤクルト)の一振りに日本中が沸いた。 10月3日に神宮で行なわれたDeNAとのセ・リーグ最終戦に「4番・サード」でスタメン出場した村上は、7回の第4打席に56号となる特大の一発を放ち、自らのバットで「三冠王」の称号を決めた。...
別窓で開く

「クラブが最高の状態でないのは分かっていた」なぜレバンドフスキはそれでもバルサ移籍を決断したのか。「マドリーも興味を示していたけど…」
 今夏にバイエルン・ミュンヘンからバルセロナに加入したロベルト・レバンドフスキが移籍を決断した理由を明かした。現地時間10月3日にスペイン紙『AS』が伝えている。 レバンドフスキは2014年夏にドルトムントからバイエルンへと加入すると、8シーズンで公式戦375試合に出場し、344得点をマーク。...
別窓で開く

三宅裕司「素振りにお礼言いたい」 さだまさし「涙涙の最終戦」 芸能界の燕党も歓喜
 プロ野球のヤクルト・村上宗隆内野手(22)が3日、日本人選手最多となる56号本塁打を放ったことを受け、芸能界の燕党も歓喜に沸いた。 60年来のヤクルトファンとして知られる俳優の三宅裕司(71)は「決して運が良かったからではない。少年時代からの努力の積み重ねが、全国の野球ファンを熱狂させる結果をもた...
別窓で開く

吉瀬美智子「鶴瓶師匠からもらった」メガネを掛けたショット投稿「お似合い」「きれいすぎ」の声
女優吉瀬美智子(47)がが3日、インスタグラムを更新。笑福亭鶴瓶からもらったメガネを掛けたショットを投稿した。吉瀬は「鶴瓶師匠からもらったメガネ」とコメントし、メガネスタイルを披露。前日には鶴瓶がゲストを招いて行うトークライブ「無学の会」に出演したことを報告していた。フォロワーからは「お似合いです!...
別窓で開く

スギちゃんが本名杉山英司で出演、脱ワイルドでBS朝日「異郷の駅前食堂」ヒロシ2代目だぜぇ
スギちゃん(49)が、BS朝日の旅番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」(火曜午後10時半)4日放送回から、ヒロシ(50)の後を継ぎ2代目“旅する人”として番組の顔を務める。都内で日刊スポーツなどの取材に応じ、制作側の要望でトレードマークのGジャン、半ズボンを脱ぎ捨て前髪のセットもせず、本名で出演したと...
別窓で開く