本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



市場介入警戒モードのFX市場はどう動く?外為オンライン・佐藤正和氏
9月22日、政府と日本銀行が実施したドルを売って円を買う「市場介入」は、FXの投資家には予想されていたとはいえ、大きな驚きと衝撃をもたらした。その市場規模は、3兆6000億円と報道されているが、1ドル=145円90銭から140円台にまで円高に振れる結果となり、その効果の大きさが改めて認識されている。...
別窓で開く

BTSの後輩・ENHYPEN、涙でデビュー後初ワールドツアー開幕 結成2周年の“奇跡”「歴史的な日になった」<WORLD TOUR ‘MANIFESTO’ IN SEOUL/セットリスト>
【モデルプレス=2022/09/18】韓国の7人組グループ・ENHYPENが9月17・18日、デビュー後初のワールドツアーのソウル公演「ENHYPEN WORLD TOUR ‘MANIFESTO’ IN SEOUL(以下‘MANIFESTO’)」を開催。2日目のライブの様子を紹介する。...
別窓で開く

元エンジェルス守護神の古巣批判への“違和感”。チーム低迷の責任の一端はあなたにもあるのでは?<SLUGGER>
今夏のトレード・デッドラインで新天地に移った男の発言が話題を呼んでいる。 現地時間9月16日、元エンジェルスのクローザーで、8月2日のトレード期限最終日にブレーブスへ移籍したライセル・イグレシアスが地元紙『アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション』に以下のようなコメントを残したのだ。「正直に言...
別窓で開く

防御率は圧巻の0点台! まるで別人と化した元エ軍守護神イグレシアスが語った変貌の理由「競争力の乏しいチームは難しい」
今夏に新天地を求めた32歳のベテランリリーバーが、奮闘を続けている。今年8月のトレードデッドラインにロサンジェルス・エンジェルスからアトランタ・ブレーブスに移籍したライセル・イグレシアスだ。 昨年12月にエンジェルスと4年総額5800万ドル(約65億5000万円)で再契約を締結していたイグレシアス。...
別窓で開く

フロリダ州の人身取引事件で160人逮捕 中には警察副署長や高校教諭らも
(ジェイソン・ディプリマ容疑者はなんと警察副署長だった…(カータースビル警察のHPから)) これほど米国らしい事件はないかもしれない。 南部フロリダ州で性的人身取引(売春)の大規模なおとり捜査が行われ、一挙に160人が逮捕されたのだ。 その中には隣州ジョージア州の警察副署長や、フロリダ州の高校教諭ら...
別窓で開く

206㎝のマジック、213㎝のノビツキー、229㎝のヤオ……現代バスケに逆行するNBA歴代“オールビックマンチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
ジョージ・マイカン、ウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、シャキール・オニールなど、これまでNBAでは多くのビッグマンが活躍してきた。 しかし、サイズより機動力やシュート力が求められる現代バスケではスモールラインナップを敷くチームが増加し、ビッグマンが弱点に...
別窓で開く

〈ジョンベネ殺害事件〉父親の性的虐待…?オネショに怒った母親が…? 美少女コンテスト常連の6歳の娘の殺害で、家族が疑われたワケ——2022年上半期BEST5
2022年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年5月7日)。*  *  * 1996年のクリスマスの翌朝、コロラド州ボールダーに住む6歳の少女が遺体で発見された。その死は世間の注目を集めて瞬く間に世界中に広が...
別窓で開く

ブレーブスの新たな囲い込みに見る、エンジェルスの“コスパ”の悪さ。根本的に異なるチーム作りのセンスの違い
現地時間8月16日、アトランタ・ブレーブスは21歳外野手のマイケル・ハリス2世と8年7200万ドル(約97億円)で延長契約を結んだことを発表した。2031年と32年にも球団オプションがついており、すべて行使されれば10年総額1億200万ドル(約137億円)となる。...
別窓で開く

米アトランタに設置されるはずの慰安婦像が駐車場に放置されている?その理由は…=韓国ネット激怒
2022年8月16日、韓国・ノーカットニュースはこのほど「光復節(8月15日、日本による植民地支配からの解放記念日)に合わせて進められていた米アトランタの韓国人会館への慰安婦像設置計画が一部の反対により延期され、現地の韓国人社会から反発の声が上がっている」と伝えた。記事によると、現地の韓国人らは最近...
別窓で開く

中国で指導する元日本代表DFが指摘した“日中の違い”に現地反響!「全ての中国人選手が無能ではなかった!」「なぜ急に差が広がるのか」
 中国のユース年代を指導している元日本代表DFの上村健一氏の指摘が、中国で反響を呼んでいる。 現在48歳の上村氏は、サンフレッチェ広島やロアッソ熊本などで活躍。日本代表としては、1996年のアトランタ・オリンピックや2001年にコンフェデレーションズカップに出場した。 引退後は、熊本やカマタマーレ讃...
別窓で開く