本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



200年使われるかも!? 世界で愛用される重機関銃「ブローニングM2」は何がスゴイのか 誕生90年
2023年に誕生90年の節目を迎えたM2重機関銃。「12.7mm重機関銃」や「M2ブローニング」などの名前で知られるこの銃は、どのような要求で生まれ、メジャーになったのでしょうか。フランス軍の機関銃見てひらめいた! 陸上自衛隊の10式戦車を始めとして、90式戦車や16式機動戦闘車、さらには海上自衛隊...
別窓で開く

国内初公開! 世界で1機の激レア飛行機へついに潜入!! 魔改造DC-10をさらに魔改造し「空飛ぶ眼科病院」に
さすが激レア機、機内も凄かったです!!「N330AU」が担当 関西空港に2023年4月18日から、世界に1機しかない激レア飛行機がやってきています。ニューヨークを拠点とする眼科医療の国際NGO団体、オービス・インターナショナル Orbis International)が運用するMD-10「フライング...
別窓で開く

【ベトナム航空】9/24・25開催! 「ツーリズムEXPOジャパン2022」出展
 2022年9月24日・25日、ベトナム航空は、東京ビッグサイトで4年ぶりに開催される世界最大級 旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2022」に出展する。ASEAN加盟国の航空会社で専用ブースを設けるのはベトナム航空だけ。...
別窓で開く

JALも発注「ボーイングの超音速旅客機」なぜ挫折? 「コンコルド」超えの高スペックとは
アメリカでは、これまで実用化された超音速旅客機はありませんが、実は、かのボーイング社がこれを作ろうとしていました。この機体はどのような飛行機で、なぜとん挫したのでしょうか。注目「オーバーチュア」との共通点も? 2016年にプランが公開され、2021年にはユナイテッド航空から、ついで2022年7月から...
別窓で開く

最後の「タスキーギ・エアメン」逝去 米国初の黒人パイロット集団 差別に実力で打ち勝つ
アメリカ史上初の黒人パイロット集団「タスキーギ・エアメン」の最後の飛行士が2022年1月に亡くなりました。有色人種への差別や偏見が激しいなか、パイロットを目指し、戦闘機乗りとして武勲を挙げた彼らの足跡をたどります。タスキーギ・エアメン最後の飛行士が天国へ 2022年1月16日、第2次世界大戦で戦った...
別窓で開く

ミグ戦闘機を返り討ち! ご長寿爆撃機B-52「成層圏の要塞」は墜とすのもひと苦労
最大16tもの爆弾を積むことができるB-52戦略爆撃機。同機は約70年にもわたって運用されているため、戦闘経験も豊富です。なかには敵機の撃墜記録まで。一体どうやって撃ち落としたのでしょうか。第2次大戦中の運用思想で造られた100年選手 アメリカの核戦力の一端を担うボーイングB-52戦略爆撃機。...
別窓で開く

世界覇権を狙う中国のハイテク技術力——注目の12分野
− 最近語られなくなった「中国製造2025」の現在の実力は? −■本記事の3つのポイント中国の国際競争力を産業別に分析。「世界の工場」と言われた中国が今や高品質・低価格を売りに各分野でトップに立つケースが出てきている半導体は参入障壁が高いことに加え、米中貿易摩擦の中心。...
別窓で開く


<前へ1次へ>