本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



同性愛者が処刑される国の現実『チェチェンへようこそ −ゲイの粛清−』 フェイク映像技術を武器に命がけで差別と戦う
チェチェンへようこそ■凄惨極まる同性愛者差別『ラ・マンチャの男』(1972年)に「事実は真実の敵なり」というセリフがある。ドキュメンタリー映画、というのはまさに事実から真実を導き出すメディアだと思う。事実は一つ。けれど真実は人の数だけある。監督は自らの真実を、事実を通して描いて見せる。それがドキュメ...
別窓で開く


<前へ1次へ>