本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



女性議員を増やすには何が必要か? “Z議会”が展開する本質的な議論
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「モニフラZ議会」では、女性議員を増やすには何が必要なのか、Z世代の論客が議論しました。◆来たる参院選に向け、各党が女性候補者の擁立に積極的夏の参院選に向け、各党が女性候補者の擁立に前向きな姿勢...
別窓で開く

進まない国会改革にモノ申す! 小泉進次郎衆議院議員インタビュー
「報道部畑中デスクの独り言」(第290回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、衆議院議員・小泉進次郎氏へのインタビューについて—衆院選2021 投開票 神奈川11区 当選確実となった自民党前職、小泉進次郎氏=2021年10月31日、横須賀市 写真提供:産経新聞社先日、小...
別窓で開く

「人気取りのバラマキが国を滅ぼす!」財務次官の反乱に岸田首相も激怒 裏には財務省の増税シナリオ?
「まるで古代ローマ時代のパンとサーカスのようだ」財務省の矢野康治事務次官(58)が、岸田文雄首相の経済政策や与野党の選挙公約を「人気取りのバラマキだ」として公然と批判する投稿を、月刊誌「文藝春秋」(2021年10月8日発売)に寄せた。現役トップ官僚が、政権を批判するのは極めて異例だ。...
別窓で開く

<W寄稿>韓国と日本、国民性の格差:脱保守化vs保守強化=この20年間の選挙と2022年の切迫した状況
昔と比べて、韓国と日本の間の「経済の格差」は相当縮小した。しかし、「国民性の格差」は、なかなか縮小しない状態だ。国民性の辞典的な定義を見ると「ある国家の構成員に共有される性格および行動様式」と出て来る。国民性を国家ごとに計量化(点数化)するのは難しい。しかし大体のレベル(高低)は推量しうる。通常、先...
別窓で開く

コロナでクビの50代が、国会議員に自らの「不安」をぶつけた結果。
 「50代フリーライター、コロナ禍でバイトをクビに。こうなったら永田町にぶちかまし! ドンドンドンッ、たのもー!」。 本書『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』(左右社)は、50代フリーライターVS国会議員が繰り広げる「建前なしの政治問答365日」の記録。...
別窓で開く

日本の男女格差指数は120位 「女性活躍社会」が進まぬ課題とは
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。6月2日(水)放送の「フラトピ!」では、キャスターの田中陽南が“女性活躍社会”をテーマに取材しました。◆世界に比べて格段に大きい日本の男女格差今年3月に発表された男女格差を測る「ジェンダーギャッ...
別窓で開く


<前へ1次へ>