本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



FIFA関連機関が最新の市場価値ランキングを発表!エムバペがまさかの3位、トップに輝いたのはハーランドではなく…
 国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIESフットボール・オブザーバトリー』は1月5日、独自の最新市場価値ランキングを発表した。 これによると、トップに立ったのは、カタール・ワールドカップでも大きく注目されたドルトムントに所属するイングラン...
別窓で開く

「遠藤は唯一無二の存在になれる」元日本代表MFがカタールW杯を戦った日本代表全26選手を5段階評価!「ただひとりの“S”は…」
 日本代表のカタールでの戦いは、ベスト8を前に幕を閉じた。 アジア勢として初めて2大会連続の決勝トーナメント進出を果たす快挙を成し遂げたが、ラウンド16でクロアチアにPK戦の末に敗れ、悲願の“世界8強入り”はふたたび4年後に持ち越しとなった。...
別窓で開く

【森保ジャパンW杯通信簿】最高評価の「S」に輝いたのは?奮闘したCBや軸を担ったボランチら全26選手を査定
 カタール・ワールドカップで4試合を戦った森保ジャパン。数々の激闘を繰り広げた各選手はどんなパフォーマンスを見せたのか。ここでは26選手全員を5段階(S、AA、A、B、C※未出場の選手は「ー」)で評価した。...
別窓で開く

 カタール・ワールドカップに挑む日本代表メンバーが11月1日、ついに発表された。本稿では、世界が注目する“4年に一度の祭典”に挑む森保ジャパンの全26選手の経歴やプレースタイルなどを一挙紹介。今回はGK&DF編だ。...
別窓で開く

C・ロナウドが39歳でのEURO出場に意欲! 実現なら史上初の6大会連続
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)が、少なくとも2024年まで代表キャリアを続けるつもりであることを明かした。21日にフランスメディア『RMC』がコメントを伝えた。 1985年2月5日生まれのC・ロナウドは、2003年8月20日にポルトガル代表デビュー。...
別窓で開く

【W杯を手繰り寄せた男たち|大久保嘉人編】「自分を呼ばざるを得ない状況」を作り出して、ブラジル行きを叶える
 4年に一度の祭典、ワールドカップ。この大舞台に立つことを約束された者などいない。メンバー入りを巡る熾烈な争いで、本大会が近づくにつれて序列を覆したケースもある。日本が参戦した過去6大会で、W杯を手繰り寄せた男たちの知られざるストーリー。今回は、目に見える結果を出し続け、FWとしての存在価値を示し、...
別窓で開く

【W杯を手繰り寄せた男たち|松井大輔編】最後のテストマッチは控え組も、本番では大活躍。人生を賭けた南ア大会で重視したこと
 4年に一度の祭典、ワールドカップ。この大舞台に立つことを約束された者などいない。メンバー入りを巡る熾烈な争いで、本大会が近づくにつれて序列を覆したケースもある。日本が参戦した過去6大会で、W杯を手繰り寄せた男たちの知られざるストーリー。今回は、12年前の2012年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)...
別窓で開く

「残りの9〜10人のレベルをいかに高めるか」元代表監督トルシエが語る、森保ジャパンの欠点。W杯本大会までに必要なことは——
 7大会連続7度目の出場を決めた日本は、カタール・ワールドカップのグループEでドイツ、スペイン、コスタリカまたはニュージーランドの大陸間プレーオフの勝者と同居した。組分け抽選を終えて森保一監督は「目標は変わらない。ベスト8以上を目指している」と改めて公言している。 目標を達成するには何が必要なのか。...
別窓で開く

チアゴ・シウヴァがプレミアリーグ史上最高? フリー移籍で活躍した選手たち
年明け早々の1月3日、チェルシーはブラジル代表DFチアゴ・シウヴァとの契約を1年延長したことを発表した。パリ・サンジェルマン(PSG)との契約が満了した2020年夏にチェルシーに加入したT・シウヴァ。プレミアリーグ史上最高のフリートランスファー選手ではないかという呼び声も高く、37歳になった現在も、...
別窓で開く

現役時代に最も成功したプレミアリーグの監督は? 1位は名選手と謳われた“あの人”
フランク・ランパード氏が、エヴァートンの指揮官としてプレミアリーグの舞台に戻ってきた。8日に行われた第24節ニューカッスル戦は1−3で敗れたが、今後の手腕に注目が集まる。 今シーズンの開幕前には、かつてアーセナルで活躍したパトリック・ヴィエラ氏がクリスタル・パレスの指揮官に就任。...
別窓で開く


<前へ12次へ>