本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「我々はすでに第三次世界大戦に突入した」エマニュエル・トッドが指摘した世界戦争を激化させる“アメリカの無責任”
「ウクライナ軍の成功が戦争をより暴力的な方向に向かわせる」エマニュエル・トッドが語った“この戦争が長期化する”理由 から続く 当初は、ローカルな問題に留まるはずだったウクライナ問題はなぜ国際秩序に大混乱を招くグローバルな問題に発展したのか? ウクライナ問題に関わる大国たちの思惑を、仏の歴史人口学...
別窓で開く

東京都が整備を進める、新築住宅に太陽光発電の設置を義務付ける条例案について、多くの疑問や批判が寄せられている。東京大学大学院の前真之准教授は「具体的な代替案のない批判は国民を問題だらけの化石エネルギーに縛り付けるだけ。太陽光も完璧ではないが、デメリットよりもメリットがはるかに上回っているのは明らかだ...
別窓で開く

歴史家ティモシー・スナイダーの『赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀』(訳:池田年穂/慶応義塾大学出版会)は、“高貴な血”を受け継ぐハプスブルク家の王子ヴィルヘルム(ヴィリー)の、歴史の激動のなかで忘れ去られていた数奇な人生を発掘し、それを東欧やウクライナの現代史と重ね合わせて高い評価を得た。原...
別窓で開く

わずか数年で物価数倍も 「80年周期のパラダイムシフト」に備えよ 世界は、1780年代、1860年代、1940年代に次ぐ歴史的大変動に入った
(市岡 繁男:相場研究家)2030年まで「幕末」に匹敵する混乱 ロシアによるウクライナ侵攻が発生し、世界秩序のパラダイムシフトを指摘する声が聞かれるようになりました。 筆者は、現在の世界は約80年ごとに政治経済が一変するパラダイムシフトに直面したとみています。...
別窓で開く

『ゴールデンボーイ賞』の候補者100人が発表! バルサとドルトムントから5選手
イタリア紙『トゥットスポルト』は15日、ゴールデンボーイ賞の候補者100人を発表した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(当時バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス)らが受賞し...
別窓で開く

戦車は走るよ将来も! 決して終わっていない「陸の王者」の欧米における開発の現状
長年、議論が交わされてきた「戦車不要論」が、ウクライナ情勢を受けにわかに勢いづいています。確かにロシアを除く欧米では、ここしばらく「新顔」が見られません。その次世代戦車の開発状況を概観します。戦車は淘汰されゆく運命なのか? 欧米における「次の戦車」の、開発状況はどうなっているのでしょうか。...
別窓で開く

ウクライナ危機長期化 いま西側諸国は主戦派と和平派、どちらの声が多いのか
 英誌エコノミスト(5月27日号)は「ロシアのウクライナ侵攻が長期化し、西側諸国は『交渉を通じてできるだけ早く戦争を終結させるべきだ』とする和平派と『ロシアに大きな代償を払わせるために戦争を続けるべきだ』とする主戦派に分かれ始めている」と報じた。同誌によれば、和平派はドイツ、フランス、イタリアなどの...
別窓で開く

買収完了近づくチェルシー、新オーナーの課題は山積みか…まずはDFクンデ獲得へ?
チェルシーの新オーナーとなるアメリカ人投資家のトッド・ベーリー氏らは今夏の移籍市場に大きな野望を持っているようだ。25日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。 チェルシーは2003年からロシア人オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏によって所有されてきた。しかし、ロシア・ウクライナ情勢の影響に鑑み...
別窓で開く

ウクライナ危機は「安全保障のジレンマ」状態 ロシアは本当に核兵器を使用しないのか
 フィンランドとスウェーデンは5月18日、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請した。北欧2カ国は「ロシアを過度に刺激したくない」との思惑から軍事的な中立を維持してきたが、ロシアがウクライナの侵攻に踏み切ったことで「中立を守っても安全を確保できる保障はなくなった」と痛感し、長年続けてきた中立政策...
別窓で開く

米国が主導するロシア産エネルギー禁輸政策の急所 絶対手を付けられないモノがある
 米国政府は5月17日から開催された主要7カ国(G7)財務相会合で、ロシア産原油の全面的な輸入禁止措置に代わる措置として、欧州(EU)に対し関税を課すよう提案した。ロシア産原油禁輸に関する協議で難航しているEUに助け船を出した形だ。 米国政府は既にロシア産原油の禁輸に踏み切っており、ロシア産天然ガス...
別窓で開く


[ ランス03 ドイツ ウクライナ ] の関連キーワード

ドルトムント ハプスブルク ウクライナ ローマ帝国 ゴールデン
アメリカ トッド ロシア

<前へ123次へ>