本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スピードスター伊東純也「無名の高校時代」秘話 神奈川大・大森酉三郎監督が明かす
 キリンチャレンジカップ2022で6月2日にパラグアイ、同6日にFIFAランキング1位のブラジルと対戦する日本代表のMF伊東純也(29=ヘンク)。カタールW杯最終予選では、最多に並ぶ4試合連続ゴールで一躍時の人となった。 11月の本大会では優勝経験のあるスペイン、ドイツと同居する「死のE組」に入る。...
別窓で開く

4度のW杯を経験したGK楢崎正剛「日本人GKにはカタールW杯でインパクトを残してほしい」
【2002年日韓W杯戦士たちの現在地】#3 楢崎正剛(名古屋CSF/46歳) 2002年に日本と韓国でアジア初のW杯が共同開催された(5月31日〜6月30日)。フランス人監督トルシエに率いられた日本代表は史上初のグループリーグ突破。決勝トーナメント一回戦でトルコに惜敗したとはいえ、母国開催W杯で大い...
別窓で開く

“トルシエに重用された男”明神智和 「選手たちの心の部分を変えられる指導者に」【2002年日韓W杯戦士たちの現在地】
【2002年日韓W杯戦士たちの現在地】#2 明神智和(ガンバ大阪ユースコーチ/44歳) 2002年に日本と韓国でアジア初のW杯が共同開催された(5月31日〜6月30日)。フランス人監督トルシエに率いられた日本代表は史上初のグループリーグ突破。決勝トーナメント一回戦でトルコに惜敗したとはいえ、母国開催...
別窓で開く

【なでしこジャパン全選手プロフィール】東京五輪に挑む18名の出身地、キャリア、プレースタイルは?
 6月18日、東京オリンピックに臨む「なでしこジャパン」のエントリーメンバーが発表された。世界が注目する大舞台に立つ18選手の横顔を紹介する。...
別窓で開く

【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
 今年9月にはカタール・ワールドカップ・アジア最終予選が始まる。東京五輪を終えたU-24世代との本格的な融合が進むなかで、A代表に組み込むべき人材は誰か。そしてスタメンの顔ぶれ、各ポジションの序列はどのようになるか。 五輪後の最終予選を見据え、森保ジャパンの新陣容について、河治良幸氏に予想してもらっ...
別窓で開く

動くプライベート空間!傑作軽キャンパー10選【趣味時間 傑作ヒットモノ最前線】
【特集】趣味時間傑作ヒットモノ最前線コロナ禍にあって、公共交通手段を避けた移動や、休日に出かけたりするのに欠かせない存在のクルマ。なかでも注目なのが、宿泊も可能なキャンピングカー。...
別窓で開く

【U-20激闘譜】湘南・岩崎悠人が痛感した世界との差。史上初のアジア制覇と5大会ぶりに参戦したU-20W杯で見たもの
 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンにオンライン取材で直撃。当時のチーム...
別窓で開く


<前へ1次へ>