本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



4度のW杯を経験したGK楢崎正剛「日本人GKにはカタールW杯でインパクトを残してほしい」
【2002年日韓W杯戦士たちの現在地】#3 楢崎正剛(名古屋CSF/46歳) 2002年に日本と韓国でアジア初のW杯が共同開催された(5月31日〜6月30日)。フランス人監督トルシエに率いられた日本代表は史上初のグループリーグ突破。決勝トーナメント一回戦でトルコに惜敗したとはいえ、母国開催W杯で大い...
別窓で開く

“トルシエに重用された男”明神智和 「選手たちの心の部分を変えられる指導者に」【2002年日韓W杯戦士たちの現在地】
【2002年日韓W杯戦士たちの現在地】#2 明神智和(ガンバ大阪ユースコーチ/44歳) 2002年に日本と韓国でアジア初のW杯が共同開催された(5月31日〜6月30日)。フランス人監督トルシエに率いられた日本代表は史上初のグループリーグ突破。決勝トーナメント一回戦でトルコに惜敗したとはいえ、母国開催...
別窓で開く

躍動する21歳・大平修蔵の素顔 行動力とグローバルな感覚は留学時の“スパルタ環境”
TikTokでブレークを果たし、SNS総フォロワー数は世界中で約700万人、モデル・俳優・DJとして多方面で躍動する21歳がいる。大平修蔵だ。芯を持った行動力で力強く歩み続ける “新世代のグローバルアイコン”の素顔に迫った。 きっかけは、何気ない友人からのTikTok の勧めだった。...
別窓で開く

前代表主将の柳田将洋が“国際レベル”に満たず代表落選。一方、植田辰哉元監督は“勝負強さ”を評価!「代表に必要な選手です」
4月17日に全日程を終えたバレーボールV1リーグ男子は、サントリー・サンバーズが天皇杯全日本選手権覇者のウルフドッグス・名古屋を破り、連覇を果たした。柳田将洋は、ドミトリー・ムセルスキー(ロシア)とともにサントリーをけん引し、ベスト6に輝いたが、今月26日から本格始動する代表候補には、今年も選出され...
別窓で開く

朝鮮出兵のため名護屋へ向かう秀吉が作らせた「一里塚」
■世界一の金貨をつくった秀吉「太閤秀吉公御出生よりのこのかた、日本国々に金銀山野に湧き出て、そのうえ高麗・琉球・南蛮の綾羅錦繍、金襴、錦紗、ありとあらゆる唐土、天竺の名物、われもわれもと珍奇のその数をつくし、上覧にそなえたてまつり、まことに宝の山を積むに似たり」というのは、『信長公記』の作者でもある...
別窓で開く

国内組はわずか6人…最終予選メンバーに滑り込んだ谷口&山根の川崎勢に求められる役割は?
 1月17日から千葉・幕張で行なわれていた国内組のみの日本代表合宿が21日の流通経済大との練習試合で終了。相馬勇紀(名古屋)や武藤嘉紀(神戸)、上田綺世(鹿島)らが結果を残し、もうアピールを見せるなか、誰が生き残るか注目されていた。 迎えた22日午後の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア...
別窓で開く

鳥海連志(東京2020パラリンピック バスケットボール日本代表)×スポーツキャスター・中川絵美里「大会後、実家で親に最初に言われたのは『おめでとう』ではなく『おかえり』でした」
東京パラリンピックで初の決勝進出を果たし、一躍脚光を浴びた車いすバスケットボール日本代表。その中で、圧倒的なスピードやテクニック、戦術眼などにより存在感を示したのが鳥海連志(ちょうかい・れんし)だ。大会MVPを獲得してもなお貪欲に頂点を目指す"スーパーエース"の本音に、人気スポーツキャスター・中川絵...
別窓で開く

U-23アジアカップ予選に臨む日本の予想布陣は? J若手の精鋭たちと大学&高校サッカー界屈指のタレントが挑む
 A代表と東京五輪世代の活動を除くと、アンダーカテゴリーの代表にとっては約2年ぶりの国際試合となる。 来年6月にウズベキスタンで予定されているU-23アジアカップの出場権を懸け、U-22日本代表が予選に挑む。そのメンバーが19日に発表され、MF郷家友太(神戸)や松岡大起(鳥栖)など23名が選出された...
別窓で開く

ACL出場権を巡る神戸と鹿島の直接対決は、選手個々の状況判断がカギ!プロ分析官が注目の一戦を徹底展望!
 J1リーグは8月21日、第25節の9試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸では、勝点41で並ぶ5位ヴィッセル神戸が、3位鹿島アントラーズを迎え撃つ。3位までに与えられる来季のアジア・チャンピオンズリーグ出場権を争うライバル同士の直接対決だ。...
別窓で開く

東京五輪代表22人のW杯アジア最終予選でのリアルな戦力評価。欧州移籍を叶えた田中、三笘、林らの位置づけは…
 惜しくも4位に甘んじた東京五輪が終わり、選手たちは所属クラブに戻ってリスタートを切った。悲願だった53年ぶりのメダルは取れなかったものの、彼らには「東京経由カタール行き」という目標がまだ残されている。 9月から始まる2022年カタール・ワールドカップ アジア最終予選では、多くの選手がいわゆる&ld...
別窓で開く


<前へ12次へ>