本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



国内組はわずか6人…最終予選メンバーに滑り込んだ谷口&山根の川崎勢に求められる役割は?
 1月17日から千葉・幕張で行なわれていた国内組のみの日本代表合宿が21日の流通経済大との練習試合で終了。相馬勇紀(名古屋)や武藤嘉紀(神戸)、上田綺世(鹿島)らが結果を残し、もうアピールを見せるなか、誰が生き残るか注目されていた。 迎えた22日午後の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア...
別窓で開く

鳥海連志(東京2020パラリンピック バスケットボール日本代表)×スポーツキャスター・中川絵美里「大会後、実家で親に最初に言われたのは『おめでとう』ではなく『おかえり』でした」
東京パラリンピックで初の決勝進出を果たし、一躍脚光を浴びた車いすバスケットボール日本代表。その中で、圧倒的なスピードやテクニック、戦術眼などにより存在感を示したのが鳥海連志(ちょうかい・れんし)だ。大会MVPを獲得してもなお貪欲に頂点を目指す"スーパーエース"の本音に、人気スポーツキャスター・中川絵...
別窓で開く

デジタルになってもハンコ文化はなくならない——舟橋正剛(シヤチハタ代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 河野太郎・規制改革担当大臣の「脱ハンコ宣言」から1年。リモートワークの障害としてもやり玉に挙がったハンコの会社は、いまどうなっているのか。朱肉不要のハンコで9割のシェアを持つシヤチハタは、既存の電子印鑑事業を大きく伸長させる一方、ユニークなハンコ関連商品も売れていた。 ***佐藤 私の世代にとって...
別窓で開く

U-23アジアカップ予選に臨む日本の予想布陣は? J若手の精鋭たちと大学&高校サッカー界屈指のタレントが挑む
 A代表と東京五輪世代の活動を除くと、アンダーカテゴリーの代表にとっては約2年ぶりの国際試合となる。 来年6月にウズベキスタンで予定されているU-23アジアカップの出場権を懸け、U-22日本代表が予選に挑む。そのメンバーが19日に発表され、MF郷家友太(神戸)や松岡大起(鳥栖)など23名が選出された...
別窓で開く

ACL出場権を巡る神戸と鹿島の直接対決は、選手個々の状況判断がカギ!プロ分析官が注目の一戦を徹底展望!
 J1リーグは8月21日、第25節の9試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸では、勝点41で並ぶ5位ヴィッセル神戸が、3位鹿島アントラーズを迎え撃つ。3位までに与えられる来季のアジア・チャンピオンズリーグ出場権を争うライバル同士の直接対決だ。...
別窓で開く

東京五輪代表22人のW杯アジア最終予選でのリアルな戦力評価。欧州移籍を叶えた田中、三笘、林らの位置づけは…
 惜しくも4位に甘んじた東京五輪が終わり、選手たちは所属クラブに戻ってリスタートを切った。悲願だった53年ぶりのメダルは取れなかったものの、彼らには「東京経由カタール行き」という目標がまだ残されている。 9月から始まる2022年カタール・ワールドカップ アジア最終予選では、多くの選手がいわゆる&ld...
別窓で開く

『僕はおそらく他の人より練習量が少ない』と自分のペースを貫く理由。パルクールアスリート朝倉聖のトレーニング法とコンディショニング
 プロとして活躍する方々のインタビューを通し、明日への一歩を応援する「Do My Best, Go!」。第8回は、新時代スポーツ、パルクール界の若きエース朝倉聖(SEI)が登場。自分の身体のみを使って、表現し、勝負をする世界にいる彼の、アスリートとしてのコンディショニング、そしてアーティストとしての...
別窓で開く

【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
 今年9月にはカタール・ワールドカップ・アジア最終予選が始まる。東京五輪を終えたU-24世代との本格的な融合が進むなかで、A代表に組み込むべき人材は誰か。そしてスタメンの顔ぶれ、各ポジションの序列はどのようになるか。 五輪後の最終予選を見据え、森保ジャパンの新陣容について、河治良幸氏に予想してもらっ...
別窓で開く

【サイゴンFCの野望 #4】ウ・サンホ「ここにいるのには理由がある。経験をチームに還元したい」
 サッカー界がコロナ禍による財政難に苦しむ中、今オフには長年Jリーグのクラブで活躍してきたベテラン選手たちの退団・引退報道が相次いだ。そんななか、39歳の元日本代表MF松井大輔をはじめとするJリーグ経験者4人(松井大輔/元横浜FC、高崎寛之/元FC岐阜、ウ・サンホ/元栃木SC、苅部隆太郎/元FC岐阜...
別窓で開く

【U-20激闘譜】湘南・岩崎悠人が痛感した世界との差。史上初のアジア制覇と5大会ぶりに参戦したU-20W杯で見たもの
 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンにオンライン取材で直撃。当時のチーム...
別窓で開く


<前へ12次へ>