本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 カタール・ワールドカップに挑む日本代表メンバーが11月1日、ついに発表された。本稿では、世界が注目する“4年に一度の祭典”に挑む森保ジャパンの全26選手の経歴やプレースタイルなどを一挙紹介。今回はGK&DF編だ。...
別窓で開く

「息をのむような美しさ」吉田陽菜のトリプルアクセルをISU公式が絶賛!英語でインタビューに答える語学堪能な場面も
国際スケート連盟(ISU)からも感嘆の声が漏れた。現地時間10月15日、フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ、イタリア大会(エーニャ)が行なわれ、17歳の高校生、吉田陽菜が優勝した。 吉田は第1戦のフランス大会に続き2連勝を飾り、12月8日からのジュニアGPファイナル(イタリア・ト...
別窓で開く

◆ウクライナ4州の併合を宣言、核兵器使用を示唆し、戦争犯罪を繰り返すロシア 9月以降、反転攻勢を加速させるウクライナ軍は、ロシアに占領された東部地域の要衝を次々と奪還している。  この動きに呼応してプーチン大統領は9月21日、予備役30万人の動員(徴兵・徴用)を開始。これに反対するデモが起き、動員か...
別窓で開く

w.o.d. セルフプロデュースで挑んだニューアルバム『感情』 「バンドとして強くなった」
今や人気急上昇中のネオ・グランジ・バンド、w.o.d.(ダブリューオーディー)。彼らがニューアルバム『感情』を完成させた。スリーピースの限界を突破する圧倒的なオリジナリティを武器に、セルフプロデュースで挑んだ今作はバンドにとって決定打的な一枚に仕上がった。...
別窓で開く

追い込まれ「破れかぶれ」のプーチン 予備役動員の大統領令に署名
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。露プーチン大統領が署名した予備役を動員する大統領令について解説した。...
別窓で開く

南野拓実を2トップの一角に——新天地モナコで復調の兆しを見せる“10番”の最適解を見出したい
 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)を2か月後に控える日本代表にとって、ドイツ・デュッセルドルフで9月19日から始まった合宿は事実上、最後の強化の場。23日のアメリカ戦、27日のエクアドル戦と、この2連戦を実りあるものにしなければ、本大会でドイツとスペインが同居するグループを突破するのは厳し...
別窓で開く

ロシアがザポロジエ原発を占拠する「本当の理由」
中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也と、青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が8月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシア軍が占拠しているウクライナのザポロジエ原子力発電所について解説した。...
別窓で開く

「経済安保法」で中国・ロシアに勝てるのか? 専門家が2つの「弱点」指摘...「情報保護の甘さ」「自由経済の強み失う」
岸田政権の看板政策の1つ「経済安全保障推進法」(経済安保法)が2022年5月11日、成立した。中国への対抗を想定してつくられ、ロシアへの対応も意識されている。それだけに、新聞各紙も一定の評価を下す論調が多いが、「情報セキュリティ」の面で大事な箇所が抜け落ちた、と指摘する専門家が少なくない。...
別窓で開く

前代表主将の柳田将洋が“国際レベル”に満たず代表落選。一方、植田辰哉元監督は“勝負強さ”を評価!「代表に必要な選手です」
4月17日に全日程を終えたバレーボールV1リーグ男子は、サントリー・サンバーズが天皇杯全日本選手権覇者のウルフドッグス・名古屋を破り、連覇を果たした。柳田将洋は、ドミトリー・ムセルスキー(ロシア)とともにサントリーをけん引し、ベスト6に輝いたが、今月26日から本格始動する代表候補には、今年も選出され...
別窓で開く

東京五輪代表22人のW杯アジア最終予選でのリアルな戦力評価。欧州移籍を叶えた田中、三笘、林らの位置づけは…
 惜しくも4位に甘んじた東京五輪が終わり、選手たちは所属クラブに戻ってリスタートを切った。悲願だった53年ぶりのメダルは取れなかったものの、彼らには「東京経由カタール行き」という目標がまだ残されている。 9月から始まる2022年カタール・ワールドカップ アジア最終予選では、多くの選手がいわゆる&ld...
別窓で開く


<前へ12次へ>