本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



主役級は不在も、名バイプレーヤーを数多く輩出した“脇役の豊作年”【NBAドラフト史|1988年】
■最大の実力者リッチモンドにも脇役感が漂う〝脇役の豊作年? 1988年のドラフト組を一言で表わすなら、「脇役の豊作年」といった感じだろうか。それも、記憶に残る愛すべき名脇役を数多く輩出している。 この年のドラフト組を象徴し、出世頭でもあるミッチ・リッチモンドは、キャリアを通じて主役級の活躍を見せた唯...
別窓で開く


<前へ1次へ>