本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



クリストファー・ノーラン監督最新作にキリアン・マーフィ出演 原爆の父役
『ダンケルク』や『テネット』で知られるクリストファー・ノーラン監督の最新作『Oppenheimer(原題)』に、キリアン・マーフィが出演し、「原爆の父」として知られる物理学者ロバート・オッペンハイマーを演じることが明らかになった。...
別窓で開く

「友人を作るのは簡単ではない」ウーデゴーがマドリー時代の苦悩を明かす!「アーセナルでとても幸せだ」
 アーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーが、レアル・マドリー時代の苦悩を語った。スペイン紙『Marca』が10月6日付けで伝えている。 現在22歳のウーデゴーは、2014年4月に弱冠15歳にして、母国のストレームスゴドセトで、同リーグ史上最年少でデビューを果たすと、翌年1月にマドリーと...
別窓で開く

ポチェッティーノ監督、未だ公式戦未出場のS・ラモスに言及「状態は2014年と異なる」
 パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、今夏同クラブへと加入したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスについて言及した。6日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。 今夏、PSGはFWリオネル・メッシやGKジャンルイジ・ドンナルンマなど大型補強を敢行。...
別窓で開く

ウーデゴーア 、レアル時代の苦しい過去を認めるも…「経験できて良かった」
 アーセナルに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアが、昨シーズンまで自身が過ごしたレアル・マドリード時代について言及した。6日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。 2015年、当時16歳でレアル・マドリードへと加入したウーデゴーアは、他クラブへの期限付き移籍を繰り返しながらもマドリ...
別窓で開く

“MNM”が不発でまさかの敗戦に、パリSGのポチェティーノ監督は落胆「結果には失望している」
 現地時間10月3日に行われたリーグ・アン第9節で、パリ・サンジェルマンはアウェーでレンヌと対戦し、0-2で敗れた。連勝は8でストップし、リオネル・メッシ、キリアン・エムバペ、ネイマールの”MNM”トリオも不発に終わっている。 試合後、マウリシオ・ポチェティーノ監督は意外にも...
別窓で開く

フェンディがキム・ジョーンズにとって2年目を迎える2022年春夏ウィメンズ レディ・トゥ・ウエアコレクションを発表
イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)は、2021年9月22日(水)午後2時(イタリア現地時間)、アーティスティック ディレクター キム・ジョーンズ(Kim Jones/RTW)、シルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi/...
別窓で開く

日本サッカー協会が開催した記念式典にセルジオ越後「協会創立100周年、こんな未来が来るとはとても想像できなかった」
去る9月10日、日本サッカー協会が創立100周年の記念式典を開催し、僕も出席した。コロナの影響で盛大にというわけにはいかなかったけど、懐かしい顔も多く、同窓会みたいだった。こういう状況下でも式典を開き、招待してくれた協会には感謝しかない。...
別窓で開く

【WSD編集長のCL展望】第2節最大の注目カード、パリSG対シティ戦の見どころは? 不安要素があるのは…
 チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第2節が、現地9月28〜29日に実施される。最大の注目カードはやはり、パリ・サンジェルマンが本拠地パルク・デ・プランスにマンチェスター・シティを迎える一戦だ。両者は昨シーズンの準決勝でも対戦しており、そのときはシティが2試合トータル4-1(第1レグが...
別窓で開く

ナオト・インティライミが「ビーチサッカー日本代表」を狙う理由【インタビュー前編】
 サッカーにも本気なアーティストとして知られるナオト・インティライミさんの独占インタビューに成功。サッカーと音楽、そして積極的に活用するショートムービープラットフォーム『TikTok』について大いに語ってもらった。  雑誌『ワールドサッカーダイジェスト』の2021年9月2日号のインタビュー...
別窓で開く

日本サッカーの名コンビと言えば? 懐かしいペアから、納得の2人組まで
これまでの日本サッカーやJリーグでの名コンビと言えば、誰が思い浮かぶだろうか。2人が組むことによってこれまで数多くのペアがパワーアップし、すばらしいプレー、コンビネーションを披露。日本サッカーを盛り上げ、発展させてきた。今回は6人のライターに、印象に残っている5組ずつを挙げてもらった。...
別窓で開く


[ ラモス ] の関連キーワード

クリストファ ジョーンズ wsd mnm