本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バルサとマンUが激突!EL決勝Tプレーオフの8カードが決定!南野、守田、原口の対戦クラブは?
 11月7日、2022-23シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント・プレーオフの組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行なわれた。 このラウンドでは、グループステージにおいて、ELで各組2位、チャンピオンズリーグ(CL)で各組3位になったチームが激突。勝者がラウンド・オブ16に駒を進める。...
別窓で開く

日本人選手が7クラブから7人参戦!ELのGS組分けが決定!久保建英vsマンU、原口元気vs町田浩樹が実現
 8月26日、2022—23シーズンのヨーロッパリーグ(EL)グループステージの組分け抽選会がトルコのイスタンブールで開催された。 抽選の結果、今夏にレアル・マドリーから久保建英が加入したレアル・ソシエダは、名門マンチェスター・ユナイテッドと同じグループEに入った。...
別窓で開く

欧州王者から英2部リーグへ…チャンピオンシップでプレーしたCL覇者たち
ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの新天地はロサンゼルスFCに決まった。2013年から所属したレアル・マドリードでは5度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験したベイル。同クラブとの契約が今夏で満了となり、代理人がチャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフと交渉していることも伝えられていた...
別窓で開く

「少なくとも5クラブがヒートアップ」現地が報じる南野拓実の移籍先候補は? 早期決着も予想「マネより先に出発するかも」
 去就が注目を集める南野拓実は、新シーズンは一体どこでプレーするのだろうか。日々様々な情報が飛び交うなか、6月8日にはクラブ専門サイト『THIS IS ANFIELD』が、「5クラブが興味」と見出しを打ち、以下のように報じている。「南野拓実が退団に近づいており、少なくとも5つのクラブが彼のサインを巡...
別窓で開く

バイエルンが5大リーグで前人未踏の10連覇! 次なる目標は欧州記録の15連覇か!?
バイエルン・ミュンヘンが、23日に行われたブンデスリーガ第31節のドルトムント戦を制して前人未到の10連覇を成し遂げた。 バイエルンは、宿敵との一戦を3-1で制し、3試合を残してリーグ優勝を達成。歴代最多となる31度目のブンデスリーガ制覇を果たしたわけだが、ドルトムントとのナショナルダービー、いわゆ...
別窓で開く

「雑誌SK」アーカイブ│モウリーニョはまだスペシャルか?
[サッカーキング No.009(2020年1月号)掲載] カリスマの威光は健在か、過去の遺物か。少なくともトッテナムの関係者たちは、「スペシャル・ワン」の頭に“元”をつけるのはまだ早いと考えているようだ。果たしてその目利きは確かだろうか—。...
別窓で開く

ウィリアム・ギャラス ロンドンの歩き方【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.006(2019年9月号)掲載]チェルシー、アーセナル、トッテナムを渡り歩き、2014年に現役を引退したウィリアム・ギャラスは2年前、英誌『FourFourTwo』で自身のキャリアについて語っている。彼の不思議なキャリア──チェルシー、アーセナル、トッテナムで過ごした12年間...
別窓で開く

選手のキャリアと移籍を考える【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.001(2019年4月号)掲載]サッカー選手の移籍には、一種のギャンブルのような側面がある。異なる言語や生活環境、新しい監督やプレースタイル……。変化に適応し、かつピッチで結果を出すのは、簡単なタスクではない。選手のキャリアを考えるうえで、避けては通れない「移籍」について、日...
別窓で開く

すでに脳内にはCLのアンセムが?…レスターを変えたロジャース監督の信念【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.010(2020年2月号)掲載]レスターは今、ある“首謀者”によって再び大きな夢を抱いている。2019年2月に国境を南下してきたブレンダン・ロジャースは、味気なかったチームを立て直し、勝者のメンタリティを植えつけた。彼らは後世まで語り継がれる記録的な大勝を成し遂げてもなお、満...
別窓で開く


<前へ1次へ>