本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米大統領選 ミシガン州の民主党予備選「支持候補なし」13.3% 「イスラム教徒がキャスチングボートの意思表示」辛坊治郎が解説
キャスターの辛坊治郎が2月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。アメリカ大統領選に向けた民主党の指名候補争いを巡り、27日に行われたミシガン州の予備選で「支持候補なし」が13.3%、10万票以上を集めたことについて、「バイデン大統領に対し、イス...
別窓で開く

イタリア史上最大級の波紋を呼んだ事件—『エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命』予告編解禁
イタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ監督最新作『エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命』より、イタリア史上最大級の波紋を呼んだ事件の序章を描く予告編が解禁された。 本作は、「エドガルド・モルターラ誘拐事件」に迫る衝撃作。ユダヤ人街で家族とともに暮らしていた7歳を迎える男児エドガルドが、「何者かに洗...
別窓で開く

『パスト ライブス』主演、グレタ・リーの役作り支えたのはビリー・アイリッシュだった! 新場面写真公開
A24とCJ ENMが初めて共同制作した映画『パスト ライブス/再会』より、新場面写真が解禁。併せて、主人公ノラ役を演じたグレタ・リーが、役柄への想いや、撮影中ずっとビリー・アイリッシュの楽曲「My Future」を聴いていたことなどを明かすコメントが到着した。...
別窓で開く

日本は本当に「民主主義国家」なのだろうか。比較文学者の大嶋仁さんは「ユダヤ人哲学者のポパーは『反証可能性』を説いた。ところが今の日本は、団結を重んじ、満場一致の拍手喝采で終わる会合ばかりだ。これは全体主義で、民主主義とは言えない」という——。※本稿は、大嶋仁『1日10分の哲学』(新潮新書)の一部を再...
別窓で開く

(プレスリリース)こどもの権利のために—コルチャック先生とこどもたち
東京都人権プラザ企画展<br /><br />チラシ(表面)ヤヌシュ・コルチャック(本名ヘンルイック・ゴールドシュミット)は、子どもたちのために生涯を捧げたユダヤ系ポーランド人医師であり、「子どもの権利条約の父」とも呼ばれます。1911年にユダヤ人孤児のための孤児院「ドム・シ...
別窓で開く

「忙しすぎて本を読む時間がない」「1冊読み切るのに時間がかかる」「読んでも読んでも身につかない」——そんな悩みを抱えているビジネスパーソンは少なくありません。本を読めばいいことはわかっているのに、自主的に読めない人もいるでしょう。何の本をどう読み、どう活かしていくか——働くうえで必携のビジネススキル...
別窓で開く

【舛添要一連載】世界中に広がりつつある「反ユダヤ主義」、イスラエル軍“ラファ侵攻”が今後の重要な焦点に
昨年10月に始まったイスラエルとハマスの戦闘は続いており、停戦の見通しは立たない。イスラエル軍はハマスを殲滅するまで戦うという方針を堅持しており、民間人にも多くの犠牲者が出ている。100万人以上の避難民が集結する南部国境のラファへの攻撃も準備している。これに対して、国際社会には懸念する声が高まってい...
別窓で開く

 【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は23日、訪問先のアルゼンチンで記者会見し、イスラエルの占領地ヨルダン川西岸で続くユダヤ人入植活動について、「国際法に矛盾している。バイデン政権は入植地拡大に断固反対し続けている」と表明した。 入植活動を容認し、イスラエル寄りだったトランプ前政権との姿勢の違い...
別窓で開く

あなたは、苦手だと感じる人や顔を合わせたくないと思う人はいるだろうか。だからといって、拒絶したり避けたりすることはしてはいけない。なぜなら、そのような人があなたに何か気づきを与えたり新しい知識を与えたりする可能性があるからだーー。コンサルタントの山口さんは、「他者とは“気づき”の契機であるというもの...
別窓で開く

「トランプ氏再選」になればブリンケン氏の努力は今年だけのもの 米国務長官が南米歴訪
ジャーナリストの佐々木俊尚が2月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ブリンケン国務長官の南米歴訪について解説した。米中西部アイオワ州デモインで、同州共和党員集会で勝利したトランプ前米大統領 2024年1月15日(ロイター=共同)米ブリンケン国務長官が南米歴訪アメリカの...
別窓で開く