本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



野口五郎 長いあいだ「声のイップス」に悩まされていた
黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(5月11日放送)に歌手の野口五郎が出演。悩まされていた「イップス」について語った。ファンに手を振る野口五郎 撮影日:1999年07月16日 撮影場所:東京都 中野サンプラザ 写真提供:産経新聞社黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル...
別窓で開く

「韓国はNATOの東方十字軍の弾除け」北朝鮮が非難
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、日韓の首脳が北大西洋条約機構(NATO)首脳会議にオブザーバーとして初めて参加することを巡り、「遠からず北大西洋の黒い波が太平洋の静かさを破る不吉な兆し」だとする論評を配信した。...
別窓で開く

「アジア版NATO」は必要ない 横の連携の強化でオーダーメイドされた対応可能に
防衛省防衛研究所防衛政策研究室長の高橋杉雄氏が6月28日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。北朝鮮が警戒する、アジア版NATOについて語った。NATO軍 PD一部メディアによると、北朝鮮外務省は26日、ウェブサイトに掲載した声明文で「アメリカは日本や韓国と合同軍事演習を...
別窓で開く

アジア版NATOはあり得ない 〜戦争を30年阻止しているアジアでの「2国間同盟による連携」
防衛研究所・防衛政策研究室長の高橋杉雄が6月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。北朝鮮外務省が主張する「アジア版NATO」について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」アジア版NATO北朝鮮外務省は6月26日、WEBサイトに掲載した声明文で「アメリ...
別窓で開く

どこの国の国籍も持たない「無国籍」という人たちがいる。かつて無国籍で、現在は日本国籍を持つ早稲田大学の陳天璽教授は「台湾から移住した両親のもとに生まれたが、1972年の日中国交正常化、日華(台)断交により生後間もなく無国籍となった。このため生まれ育った日本にも危うく戻れなくなるという経験をしたことが...
別窓で開く

【W杯を手繰り寄せた男たち|中西永輔編】本大会への執着心と準備力で滑り込み。世界の名手には“動き出し”で勝負
 4年に一度の祭典、ワールドカップ。この大舞台に立つことを約束された者などいない。メンバー入りを巡る熾烈な争いで、本大会が近づくにつれて序列を覆したケースもある。日本が参戦した過去6大会で、W杯を手繰り寄せた男たちの知られざるストーリー。1人目は、1998年のフランス・ワールドカップに出場した中西永...
別窓で開く

プーチンの嘘を暴き続けるネット調査報道集団「べリングキャット」のスゴ技
ウクライナ侵攻に関連してロシアがまき散らす数々の情報をフェイクだと見破り、証拠と共に国際社会に発信し続けている「べリングキャット」。実は、この調査報道集団vsロシアの情報戦の歴史は2014年にまでさかのぼる。彼らはどうやってプーチンの嘘を暴き続けているのか? 在英ジャーナリスト・木村正人氏がレポート...
別窓で開く

ウクライナ戦争の報道でよく聞く「戦時国際法」って何?
ロシア軍のウクライナ侵攻のニュースでたびたび耳にするワード「戦時国際法」。でもイマイチその内容はわからないという人は多いはず。ということで、その戦時国際法をひもといてみたら、プーチンがこの戦争の終結後にどうするのか、どうなるのかがうっすらと見えてきた——。* * *■戦争における最低限のルールロシア...
別窓で開く

PKの妙技が生まれてから46年! サッカー界の“記念日”に伊メディアが伝説的な「パネンカ」の数々をセレクト!!
サッカー界で6月20日とは、ひとつの偉大な“技”が全世界に初お披露目された記念日である。 遡ること46年前、欧州選手権(EURO)は勝ち上がった4か国による決勝大会がユーゴスラビア(当時)で開催され、準決勝を制した西ドイツとチェコスロバキアがファイナルで対峙することとなった。...
別窓で開く

猫はなぜ高いところから落ちても足から着地できるのか? 科学者は何百年も昔から、猫の宙返りに心惹かれ、物理、光学、数学、神経科学、ロボティクスなどのアプローチからその驚くべき謎を探究してきた。「ネコひねり問題」を解き明かすとともに、猫をめぐる科学者たちの真摯かつ愉快な研究エピソードの数々を紹介する『「...
別窓で開く


[ ユーゴ ] の関連キーワード

ウクライナ nato 羽田空港 パネンカ 北朝鮮
アジア テスラ