本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「プーチンの支持率の高さには『マフィア的側面』がある」プーチンが利用してきたロシア国民の“不信感”の正体
 漫画『プリニウス』で、稀代の独裁者と伝えられる、紀元1世紀のローマ帝国の皇帝ネロの実像に迫ったヤマザキマリさん。多くの専門家が「プーチンはウクライナへの軍事侵攻を決断しない」と予測を誤る中、昨年時点から「軍事介入はあり得る」と警鐘を鳴らしていた小泉悠さん。...
別窓で開く

13面待ちの「ダブル役満」がヤミテン状態!東海・近畿・四国・九州・沖縄の住民が「能登群発地震」に青ざめる理由
 能登半島での群発地震が風雲急を告げている。 一昨年の暮れ以降、震度1以上を観測した地震が150回以上も続く中、6月19日には最大震度6弱、翌20日にも同5弱を観測する地震が相次いで発生。専門家は「今後、震度6強を超える大地震が発生する可能性もある」として、石川県をはじめとする近隣住民らに警戒を呼び...
別窓で開く

114万人が食糧不足 アフリカの島国「マダガスカル」の今とは?世界平均の1割を下回るGDP、固有種が絶滅危機、医療砂漠……“動物の楽園”というイメージとかけ離れた現状をご紹介
 今回紹介するのは、ゆっくり!世界の国解説! さんさんが投稿した『【マダガスカル 徹底解説!!】 不思議の島マダガスカルってどんなとこ!? #ゆっくり解説 #マダガスカル』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、アフリカの島国である「マダガスカル」の現状について解説します。...
別窓で開く

能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた
 21日16時15分頃、小笠原諸島の父島近海でマグニチュード(M)6.2の地震が発生した。父島近海では、プレート境界に近いため、震源が浅い地震がたびたび起こっている。今回の最大震度は2だったが、エネルギーとしては19日に起きた能登地方を震源とする最大震度6弱地震(M5.4)に比べて、かなり大きい。...
別窓で開く

キジ(雉子)発見!オスとメスの違いは?
 野鳥観察で近くの河原を歩いていたら40メートル先の対岸の茂みの中で何か大きな野鳥が動いているのに気が付きました。 実際には肉眼で見える大きさは小さいのですが野鳥観察をしていると発見できるようになるものです。 このあたりにはあの野鳥がいるのでもしやと思いデジカメを取り出して覗いてみました。...
別窓で開く

「我々はすでに第三次世界大戦に突入した」エマニュエル・トッドが指摘した世界戦争を激化させる“アメリカの無責任”
「ウクライナ軍の成功が戦争をより暴力的な方向に向かわせる」エマニュエル・トッドが語った“この戦争が長期化する”理由 から続く 当初は、ローカルな問題に留まるはずだったウクライナ問題はなぜ国際秩序に大混乱を招くグローバルな問題に発展したのか? ウクライナ問題に関わる大国たちの思惑を、仏の歴史人口学...
別窓で開く

石川県を襲う地震は1年半で140回も…相次ぐ揺れに専門家も「しばらく続く」と警鐘
 いつ、収まるのか。19日石川県能登地方を襲った地震は、マグニチュード5.4、最大震度6弱だった。ドーンと大きな揺れがあった後、立っていられないような強い揺れが数十秒続き、神社の境内の石灯籠が倒れるほどの大きな揺れだった。 石川県能登地方では20日午前10時31分ごろにも強い地震があり、珠洲市では震...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

なぜ日本の外交は“常に緊張状態”なのか? 米中対立の激化が招く「この国の最悪シナリオ」
 なぜ日本の外交は、常にアメリカと中国に左右され続けるのか? 日本が両国との関係にセンシティブにならざるを得ない理由を、ジャーナリストの船橋洋一氏の新刊『 国民安全保障国家論 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く