本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

「エンビードはひどい扱いを受けた」元選手のジャクソンがMVP投票に疑問符「歴代トップ75の選手にさせればいい」<DUNKSHOOT>
NBAの今季シーズンMVPは、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが輝いた。2年連続での受賞は史上13人目。センターではウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、モーゼス・マローンに続いて4人目の快挙となった。しかし、元NBA選手のスティーブン・ジャクソンは、この投票結果を疑問視してい...
別窓で開く

「セルティックスを優勝に導いてほしい」史上初の偉業を達成しながら敗れたヤニスがテイタムにエール<DUNKSHOOT>
現地時間5月15日に行なわれたイースタン・カンファレンス・セミファイナル第7戦は、ホームのボストン・セルティックスが109−81でミルウォーキー・バックスを下し、4勝3敗でシリーズを制した。「第5戦に敗れて傷ついたけど、それと同じくらい僕はこのチャレンジを楽しみにしていた。自分を信じていたし、このチ...
別窓で開く

欧州のバスケ育成はアメリカより上?ヨキッチやドンチッチをその理由に挙げるメディアにデュラントが反論<DUNKSHOOT>
今季のNBAはセルビア人のニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が2年連続でシーズンMVPに輝いた。 その前は、ギリシャ国籍のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がこちらも2連覇。さらに今年の投票結果を見てみると、上位5位以内にヨキッチ、アデトクンボ、そしてスロベニア人のルカ・ドンチッチ...
別窓で開く

【NBA】第7戦を制したセルティックスがカンファレンス決勝進出!バックスは連覇の夢が潰える<DUNKSHOOT>
現地時間5月15日、ボストン・セルティックス(第2シード)対ミルウォーキー・バックス(第3シード)のイースタン・カンファレンス準決勝第7戦が行なわれ、セルティックスが109−81で勝利。4勝3敗でカンファレンス決勝進出を果たした。 ともに3勝3敗で迎えた運命の最終戦。...
別窓で開く

メッシがスポーツ選手長者番付で1位に! 1年間に約170億円稼ぐ
パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、2022年の世界最高給アスリートになったようだ。13日、イギリス紙『イブニングスタンダード』がアメリカの経済雑誌『フォーブス』の発表を引用して報じている。『フォーブス』が実施した「スポーツ選手長者番付」によると、2021年5月1日からの1...
別窓で開く

現在のNBAは“外国籍選手最盛期”? MVP投票上位5人中4人が非アメリカ人、海外勢の得票率は史上最高の75.2%【投票結果一覧】
現地時間5月11日、NBAはデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが2021−22シーズンのMVPに選出されたと発表した。 昨季に続く2年連続の受賞となったヨキッチは今季、74試合に出場して平均27.1点(FG成功率58.3%)、13.8リバウンド、7.9アシスト、1.47スティール、0.85ブロック...
別窓で開く

勝負所でクラッチプレーを決めたバックスがイースト決勝に王手!殊勲のホリデー「自分たちにできるベストを尽くした」<DUNKSHOOT>
「大きな勝利だね。それがプランだったんだ。プランというのは、20点差をつけようと20点離されようと関係なく、ここで勝利を掴むことだった。僕らは勝ってここを離れたかったから、自分たちにできるベストを尽くしたということさ」 そう語ったのは、ミルウォーキー・バックスのドリュー・ホリデー。...
別窓で開く

カリー、アデトクンボ、デュラント——。NBAスターたちのシーズン最多敗戦数を紹介【Part.1】<DUNKSHOOT>
今年のプレーオフでは、NBAの“キング”レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が不出場、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは1回戦敗退と、リーグを代表するスターの2人が早々に姿を消した。...
別窓で開く

“アデトクンボ・キラー”誕生?35歳ホーフォードの活躍でセルティックスがシリーズをタイに!<DUNKSHOOT>
現地時間5月9日、ミルウォーキーのファイサーブ・フォーラムでミルウォーキー・バックスとボストン・セルティックスによるカンファレンス準決勝第4戦が開催された。 シリーズ成績2勝1敗とバックスのリードで迎えたこの試合、ホームのバックスは序盤から固い守備でセルティックスのミスを誘い、7点のリードを奪って第...
別窓で開く