本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「成城石井」上場で全国区へ これからの急拡大に足りないもの
 2023年度までに東証プライム上場の方針を固めたのが、食品スーパーの「成城石井」。少なくとも2000億円超といわれる上場時の時価総額は、埼玉地盤のスーパー「ヤオコー」に次ぐ規模。親会社のローソンは、上場後も一定の持ち株比率を維持する見通しだ。 国内外の高品質な食品や飲料を取り揃え、ワインバーも運営...
別窓で開く

北関東最大級の郊外型SC「スマーク伊勢崎」、4月28日に大規模リニューアルオープンへ
 東京建物グループが群馬県伊勢崎市で運営している北関東最大級の郊外型ショッピングセンター「スマーク伊勢崎」(伊勢崎市西小保方町)が大規模改修を終え、4月28日にリニューアルオープンする。順次開業してきた店舗は新規出店、移転、改装を含めて合計84店舗に上り、全約180店のうち40%以上が一新された。...
別窓で開く

【ヤオコー】中の人&ファン激押し!リピ買いしてる「激ウマPB商品」4選
埼玉県内を中心に160店舗以上を展開する、関東のローカルスーパーマーケットチェーン「ヤオコー」。...
別窓で開く

ヤオコー川越霞が関店 駅前立地でデリカ強化 手作りドレッシングなど新商品導入
ヤオコーは11月25日、埼玉県川越市に「川越霞が関店」をオープンした。埼玉県内96店舗目。総店舗数は計177店となる。「川越霞が関店」は、東武東上線・霞が関駅からほど近く、周辺は商店や住宅が混在する古くからの市街地エリア。出店km圏内の人口・世帯数はともに増加傾向で、年齢構成は30〜50代、次いで7...
別窓で開く

ヤオコーがヤングファミリー特化の旗艦店 生鮮売場でフローズン拡大 冷凍ひき肉やミールキット充実
ヤオコーは14日、埼玉県和光市に「ヤオコー和光丸山台店」をオープンした。30〜40歳代のヤングファミリー層に特化した旗艦店モデルと位置付け、強みである生鮮・デリカの品ぞろえ充実に加え、新たな取り組みとして生鮮・デリカ・デイリーの各売場で冷凍品の展開を強化する。デリカ売場での和洋スイーツやカットフルー...
別窓で開く

ヤオコー 熊谷デリカ・生鮮センター開設 自社リサイクルセンターも
ヤオコーはこのほど、埼玉県熊谷市に「ヤオコー熊谷デリカ・生鮮センター」および「ヤオコーエコセンター」を開設した。10月から稼働を開始している。既存の「東松山デリカ・生鮮センター」に続く、生鮮・プロセスセンター機能を備えた「熊谷デリカ・生鮮センター」「ヤオコーエコセンター」の開設により、長期目標である...
別窓で開く

“1つあたり50円台”のものも…!【業スー&ヤオコー】マニアが選ぶ「コスパ最強グルメ」5選
自炊が増えた今だからこそ、「いつもとは違うスーパーに行ってみよう」と思い立つ人も少なくないでしょう。近頃は大容量なのに破格な価格で購入できるスーパーなども増えてきましたよね。そこで今回は、お手頃価格の商品が揃っている業務スーパーとヤオコーに足?く通っている筆者が、数ある商品のなかから「コスパ最強アイ...
別窓で開く

ヤオコー 千葉県の食品スーパー・せんどうと資本・業務提携 持分法適用会社へ
ヤオコーは13日、千葉県市原市を中心にドミナントエリアを形成する食品スーパー「せんどう」と資本・業務提携を締結した。10月14日付で、せんどうの株式43.18%を取得し、同社を持分法適用会社とする予定。せんどうの株式取得後、業務提携の具体的な内容を検討していく計画。...
別窓で開く

ヤオコー 飲食店応援へ地元レストランの弁当・惣菜を販売 川越市内3店で特設コーナー
ヤオコーは、川越の地元飲食店「Market Terrace」応援企画第2弾として、同店の弁当・惣菜商品やオリジナルグッズを販売する期間限定ポップアップストアを、川越市内のヤオコー3店舗に開設する。コロナ禍で苦しむ地元飲食店の応援企画。...
別窓で開く

10.巣ごもりのお盆商戦(食品新聞) 2021年08月20日08時46分
巣ごもりのお盆商戦
コロナの感染急拡大で帰省が取りやめとなり、巣ごもりのお盆を満喫した。ここぞとばかりに料理に奮闘し、毎朝チラシをチェックしては買い物リスト持参で近所のスーパーを回る日々を過ごした。▼自宅周辺は市内有数の小売激戦地。...
別窓で開く


[ ヤオコ ] の関連キーワード

北関東 伊勢崎 霞が関

<前へ123次へ>