本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



辛口の経済評論家 佐高信氏が「いい会社」と就活生に薦めたい企業3社
(佐高信氏(C)日刊ゲンダイ) 辛口の経済評論家として知られる佐高信氏の新著、「この国の会社のDNA」(発行/日刊現代)には帯に「裏・就職読本」とある。長年、日本の企業の身勝手、閉鎖性を取材し、警鐘を鳴らし続けてきた筆者が有名企業の「体質=DNA」を痛快に活写した本だが、その内容たるや表の就職読本は...
別窓で開く

インターフォンを鳴らす時間も惜しい? ブラックフライデーで配達員にかかる負担
配達員は大変…円安不況でも盛り上がっているブラックフライデー。とりわけ通販大手Amazonのセールは圧巻だ。家電や雑貨、衣料品、食品などなど、誰でも「いま安いから買っておこう」と思う商品を見つけることができるからだ。でも、注文する側はネットでポチるだけでも、実際に商品を運ぶ人たちの忙しさは半端なくな...
別窓で開く

初めてでも簡単に作れる!TKS「手作りそばキット」
ネットショップ「だんらん日曜の晩ごはん」を運営するTKSは、「手作りそばキット」を2022年11月20日より販売。...
別窓で開く

二朝分裂の皇統が一本化した——仮説の内乱「辛亥の変はあった!?」
 古代の壬申の乱に始まり、明治維新後の西南戦争まで、わが国は幾たびも内乱を繰り返してきた。 しかし、「仮説の内乱」といわれるのは「辛亥の変」だけだろう。 歴史学者がいくつかの史料を基に「内乱があったはずだ」と解釈しつつも、他の内乱のように各史料に確実に「あった」とは記されていないからだ。...
別窓で開く

さまざまなジャンルの名曲に酔いしれる、一夜の宴
2003年からBS日テレで放送中の『BS日本・こころの歌』。若手声楽家たちによって結成された番組オリジナルの混声コーラスグループ「フォレスタ」も、活動20年を迎えた。アニバーサリーイヤーを飾るコンサートは、「名曲はジャンルの垣根を越える」というテーマそのままに、「荒城の月」などの唱歌・童謡や「なごり...
別窓で開く

「あずかっています」 クロネコヤマトの従業員が優しい対応!
日本各地にある、ヤマト運輸(通称:クロネコヤマト)の営業所。貨物の運送を通し、配達員たちは地域の住民たちと、時に交流を育んでいます。そんなクロネコヤマトらしい光景が、広島県三原市で見られました。■荷物以外もお預かりしていたクロネコヤマトクロネコヤマトの広島本郷センターで写真を撮影したのは、猫の飼い主...
別窓で開く

『ガンダムSEED』20周年記念の公式本が発売決定 クルーゼ隊声優5人、キラ&フレイ&サイ声優3人も登場
テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』放送20周年を記念したオフィシャルブック「機動戦士ガンダムSEED 20周年記念オフィシャルブック」が、来年4月に発売されることが決定した。価格は1万1000円。...
別窓で開く

ヤマト運輸からの荷物が物騒!『不在票の誤字』に「あかんて」
配達先の住人が不在の場合、配達員が残す不在票。次の配達先へ向かう必要がある配達員は、少ない時間の中、荷物の情報を手書きで不在票に記載しています。ある日、アルエット(aluetxx)さんは、ヤマト運輸(通称:クロネコヤマト)から物騒な不在票が届いているのを発見。一瞬、何が届いたのかと身構えそうになる不...
別窓で開く

経済評論家・渡邉哲也氏が空港の無駄作業に苦言「客の負担を増やし無駄な仕事が増えている」
経済評論家として知られている渡邉哲也氏が、羽田空港で発生する「無駄な作業」に対して苦言を呈している。自動チェックインを導入した現在でも、無駄な作業が増えただけと感じているようだ。多くの人たちが渡邉哲也氏と同じ気持ちこの日、渡邉哲也氏は羽田空港を使用。そこで実際に感じたストレスを自身の公式Twitte...
別窓で開く


[ ヤマト ] の関連キーワード

ヤマト運輸 ガンダム seed フレイ tks