本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の自動車産業「斜陽化」への危機感 経団連、豊田章男氏らが指揮執る「モビリティー委員会」議論始まる...国際競争で生き残りかけて
経団連がトヨタ自動車の豊田章男社長らをトップとする「モビリティー委員会」の議論を2022年9月にスタートさせた。経団連には、分野ごとに経済界が求める政策の実現を目指す、政策委員会がある。その中で、モビリティー委員会は業界横断で200社超の企業が参加している。これだけの顔ぶれは過去に例がなく、日本の自...
別窓で開く

ソニー×ホンダ EV開発で異業種連携 米IT大手の動きにらみ「号砲」!
ソニーグループとホンダが電気自動車(EV)で手を組む。年内に合弁で新会社を作り、2025年の販売開始と、自動車向けサービスの事業化を目指すという。ソニーグループの吉田憲一郎社長とホンダの三部敏宏社長が2022年3月4日、記者会見を開いて発表した。...
別窓で開く

電気自動車は普及するか。テスラやBMW、トヨタの動向は?購入には補助金も
2021年11月にCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開かれました。この中で「販売する新車を全てゼロエミッション・ビークルにしていく」という共同声明があったことをご存じでしょうか。今回は日本におけるゼロエミッション・ビークルの状況を紹介します。■COP26で示す決意。...
別窓で開く

カーボンニュートラルへ電動車が急成長、日系自動車メーカーが描く電動車戦略
■本記事の3つのポイントカーボンニュートラルの実現に向けて、クルマの電動化がより一層進展。35年の電動車市場は19年比7.5倍の3641万台に達すると予測日系OEMも中長期の電動車両生産・販売目標を公表。...
別窓で開く

電気自動車もさようなら。未来のモビリティ・水素燃料電池車が走る
「脱炭素」への動きが世界的に加速しています。前回の記事では「ガソリン車よ、さようなら!( https://limo.media/articles/-/22288 )」と題し、二酸化炭素(CO2)削減に向けた電気自動車(EV)へのシフト、そして、その課題などについて考えました。...
別窓で開く

トヨタ「ミライ」はココがスゴい!全方位的な完成度の高さにFCV普及への熱意を見た
水素を大気中の酸素と化学反応させて発電し、その電力でモーターを回して走るFCV(フューエル・セル・ビークル/燃料電池車)。“究極のエコカー”ともいわれるFCVを世界で初めて量産したトヨタから、FCVの2世代目となる新型「ミライ(MIRAI)」が発表されました。今回は、デザインや走り、そして未来の展望...
別窓で開く

エコでも見た目は重要です!水素で走るメルセデス「GLC」は走りも売り方も新しい
残念ながら東京オリンピックは延期されてしまったが、実は同大会は、自動運転や新しいエネルギー源といった次世代モビリティの姿を日本から世界へ発信する舞台としても計画されている。そんなタイミングに上陸したのが、メルセデス・ベンツのFCV(燃料電池車)「GLC F-CELL」だ。...
別窓で開く

トヨタとJAXA、月面探査モビリティの愛称を「ルナ・クルーザー」に決定
 トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、共同で研究開発を進めている月面用モビリティ「有人与圧ローバ 」の愛称を「LUNAR CRUISER(ルナ・クルーザー)」と命名したことを発表した。燃料電池車(FCV)の技術を利用して、有人月面探査を行う。...
別窓で開く


<前へ1次へ>