本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタ自動車トップ交代で気になる豊田社長の動き 政権との距離が縮まり“財界総理”に名乗り?【経済ニュース 深読み・先取り】
(トヨタ自動車次期社長の佐藤恒治執行役員(左)と豊田章男社長(C)共同通信社)【経済ニュース 深読み・先取り】 経団連の次期会長に就任するのだろうか──。先週、そんなニュースが話題となりました。トヨタ自動車の豊田章男社長(66)です。 26日にトヨタ自動車は社長交代を発表。豊田社長は会長に就き、新社...
別窓で開く

歩道走れる4輪「スクーター」登場 最高速度6km/h シニアカーとも違う選択肢
電動車いすでもシニアカーでもないんです。カーディーラーなどと提案 電動車いすなどのモビリティを手掛けるWHILLが2022年9月13日より、“歩道を走れるスクーター”をうたった新モデル「WHILL Model S」を発表、先行受注を開始しました。...
別窓で開く

「高齢者の運転は危険」そうでもない? むしろ低減する運転リスクも データで判明
高齢ドライバーの方が安心できる要素もあります。プロドライバー向けドラレコサービスで傾向明らかに 高齢者の運転は危険——しかし運転行動を細かく見てみると、一概にそうとも言えない傾向がわかりました。 モビリティ・テクノロジーズ(以下MoT)は2022年6月27日(月)、法人向けのAIドラレコサービス「D...
別窓で開く

自動車のパラダイムシフトを先取る「グローバル自動運転関連株式ファンド」、飛躍的成長を捉える工夫とは?
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジなし)」は、2021年のトータルリターンが36.41%と、類似ファンド分類平均を12.74%上回った。...
別窓で開く

乗客減/支援終了/原油高の三重苦 バス業界22年度を占う 危機感持つべき「大都市郊外」
「コロナ3年目」2022年度もバス業界は苦境が続いています。これまで大手私鉄が交通を担っていた大都市郊外でも路線バスの維持が課題になりそうな一方で、将来を見据えた動きも進んでいます。回復鈍い需要に追い打ちがかかるバス業界「コロナ3年目」を迎え、感染者数は依然として高止まりしています。...
別窓で開く

米株ファンドを上回るパフォーマンスを実現、「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」が見据える未来
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」のパフォーマンスが好調だ。2022年1月末時点で過去1年間のトータルリターンは37.85%と全国内株式ファンドの中でトップ、かつ、この期間の米国S&P500インデックスファンドの平均30.29%をも上回って...
別窓で開く

「EVを家電量販店で買う時代」到来 ヨドバシカメラが取扱い開始 公道OKの5車種
破格? いやこんなもん? 価格設定も注目。ヨドバシで小型EV5種、15.9万円〜 ヨドバシカメラが2021年12月28日(火)から、ヨドバシカメラ新宿西口本店ならびに通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」にて、小型電動モビリティの販売を開始しました。 株式会社ビークルファン(東京都江戸川区)が手掛ける...
別窓で開く


<前へ1次へ>