本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



豊田章男トヨタ自動車社長はなぜ会長になるの? 佐藤恒治新社長ってどんな人?
1月13日、「東京オートサロン2023」で記者発表をする豊田章男社長1月26日、トヨタ自動車は4月1日に豊田章男社長(66)が会長に就任し、佐藤恒治執行役員(53)が社長に昇格する人事を電撃発表! 内山田竹志会長(76)は会長職を退き、代表取締役に就く。社長交代は14年ぶりだという。...
別窓で開く

爆速&異形!斬新な「空飛ぶ船」開発にJALが出資へ 賭けたくなるのも分かる超スペックとは
現在、アメリカでは海上スレスレを滑るように高速飛行する個性的な次世代海上モビリティ「シーグライダー」の開発を進めている企業が存在します。ここにJALグループが出資しました。2025年までにサービス開始予定 アメリカ、ロードアイランド州に本拠を構えるリージェント(REGENT)が、海上スレスレを高速飛...
別窓で開く

東京オートサロン ここにも環境対応の波が
「報道部畑中デスクの独り言」(第315回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、東京オートサロンについて—これぞオートサロン、ラゲッジルームを大改造!今月(1月)13日〜15日に千葉県の幕張メッセで東京オートサロンが開かれ、私も足を運びました。主催者発表では3日間で17万...
別窓で開く

「人間の安全保障」が一大テーマに、CES 2023が示す世界のテックトレンド コロナ禍を克服したCES 2023レポート(前編)
(朝岡 崇史:ディライトデザイン代表取締役、法政大学大学院客員教授) 毎年、年初に米国ラスベガスを舞台に開催される世界最大規模の民生技術のイベント「CES」(シー・イー・エス)。今年(2023年)の「CES 2023」は1月3日午後のメディアデーからスタート、1月5日からは一般来場者を加えて正式開幕...
別窓で開く

アメリカ・ラスベガスで1月5〜8日(現地時間)まで開催されている世界最大のテクノロジー展示会「CES2023」。初日の5日は、数多くの企業関係者や報道陣、一般来場者で会場内はごった返した。すさまじい盛況ぶりだったのは、ソニーグループの展示ブースだ。披露されたEV(電気自動車)の周りには人だかりがつね...
別窓で開く

アメリカ・ラスベガスで開催されている「CES2023」において、1月4日(現地時間)に行われたソニーグループの吉田憲一郎CEOによるプレゼンテーションが世界の注目を集めています。なかでもソニーグループとホンダのEV合弁会社「ソニー・ホンダモビリティ」に関する発表には、モビリティー業界の未来を占うキー...
別窓で開く

「戦車不要論」は一蹴された? 2022年を彩った世界の戦車5選 日本の安全保障に影響はあるか
2022年は世界各国で新型戦車がベールを脱いだ年でもありました。それぞれを見比べてみると、次世代戦車に必要不可欠なテクノロジーがある程度見えてくるようです。韓国製戦車をポーランドが大量購入 2022年は、2月に起きたロシアによるウクライナ侵攻で、再び戦車を中心とする陸戦兵器に注目が集まった年でもあり...
別窓で開く

国内自動車業界この1年……決算会見から見えてくるもの
「報道部畑中デスクの独り言」(第308回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、国内自動車業界の1年について—日本カーオブ・ザ・イヤーを受賞した「日産サクラ」(日産自動車提供)2022年もあと半月ほどで暮れようとしています。私が取材分野の1つとして担当している自動車業界で...
別窓で開く

絵空事じゃない!? 超異形の新型航空機、NYの空港〜マンハッタンを結ぶ路線開設へ 飛行時間10分以下
すごい時代が来るもんだ…。2025年のサービス開始を目指す アメリカのユナイテッド航空とアーチャーアビエーションが、ユナイテッド航空の拠点であるニューアーク・リバティー国際空港とニューヨーク市内中心部を、「空飛ぶクルマ」と呼ばれる最新航空モビリティ、電動垂直離着陸(eVTOL)機で結ぶ飛行ルートを開...
別窓で開く

「ソニー・ホンダモビリティ」はどんなEVを出すのか?
ソニー・ホンダモビリティの水野泰秀代表取締役会長兼CEO(右)と川西泉代表取締役社長兼COO(左)10月13日、ホンダはソニーとEVの開発と販売を手がける新会社を設立し、2025年に最初のモデルの販売を始めると発表した。その狙いはどこにあるのか? 記者会見を取材した山本シンヤ氏に聞いた。...
別窓で開く


[ モビリティ アメリカ ] の関連キーワード

ホンダモビリティ マンハッタン トヨタ自動車 ces ホンダ
ソニー

<前へ12345次へ>