本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



次世代モビリティの最右翼!電動キックボードでスイスイライフ【令和の新殿堂入り傑作モノ】
【令和の新殿堂入り傑作モノ】街中の新たな交通手段として注目されているのが、電動キックボード。しかし、ヘルメット着用の有無や通行区分など、まだまだ分からないところも多い。そこで法規的なルールも含め、専門家に話を聞いた。*  *  *電動キックボードで公道を走るには、しっかりルールを遵守する必要がある。...
別窓で開く

水素エンジンを発表したカワサキの「脱炭素戦略」に迫る
川崎重工業の橋本康彦代表取締役社長(左)と、トヨタ自動車 GAZOO Racing Company Presidentの佐藤恒治氏(右)水素エンジンの発表に続き、海外で新型EVを発表したカワサキ。脱炭素戦略はどうなっている? カワサキを粘着取材するモーターサイクルジャーナリストの青木タカオ氏が特濃解...
別窓で開く

時速350キロ以上! 3年ぶり開催「MotoGP」日本グランプリの見どころ
9月25日、3年ぶりの開催となる世界最高峰のオートバイレース「MotoGP」の日本グランプリ(栃木県・モビリティリゾートもてぎ)決勝が行なわれる。長年、取材を続けるモーターサイクルジャーナリストの青木タカオ氏がその見所を解説する。青木 ついに3年ぶりの日本開催です!——世界最高峰のオートバイレース「...
別窓で開く

新型スクーターを実証実験で短期リース、ソニーと協業!! 実は老舗(!)。ヤマハの「EV戦略」に迫る
ヤマハが二輪EVや、ソニーと共同開発したエンターテインメント車両を矢継ぎ早に披露。その背景には何が? 徹底試乗したモーターサイクルジャーナリストの青木タカオ氏が解説する。* * *■ソニーと協業した四輪の自動運転EV——今年はニッポンEV元年と呼ばれ、国産自動車メーカーから続々と新型EVが登場してい...
別窓で開く

物流課題を解決できるか? 最大50kgまで積載可能な新無人ヘリコプター誕生 ヤマハ
一般的な小学生程度の重さなら問題なく運べます。山間部の資材物流や目視外の長距離物流などに光明 ヤマハ発動機は2022年8月22日、新たな運搬専用の無人ヘリコプターを開発したと発表しました。 同機は、従来モデルの「FAZER R G2」をベースに、積載性能などを強化(従来モデル比で15kg向上)した新...
別窓で開く

ソニーEVを先取り? ヤマハ共同開発の“エンタメ低速モビリティ”沖縄で体験
ヤマハ発動機が50年近い販売実績のあるゴルフカートの技術を発展させ、自動運転もできる「グリーンスローモビリティ」の実用化を加速させています。観光客を集める沖縄・北谷では、ソニーと共同開発したエンタテインメント車両も登場しました。...
別窓で開く

ヤマハ「電動キックボード対抗馬」市販直前モデル登場 発表から5年 新モビリティどう売る?
2023年に市場投入を目指すヤマハの新モビリティ「トリタウン」の市販直前モデルが公開されました。その場所は、必ずしもモビリティとは関係しない、イベント関係者が集う展示会場。ここにヤマハの市場戦略が見えてきます。市場投入を目指し、耐久性、操作性を向上 2022年6月29日、東京ビッグサイトで開催された...
別窓で開く

もはや操作レスも!? 電動車いすの進化が止まらない ポスト自家用車として注目も「踏切は避けて」
運転免許を返納し、自家用車を手放す高齢者が増えるなか、その受け皿になっている移動手段のひとつが「電動車いす」です。他の電動モビリティと同様、この分野も驚くべき進化を遂げていますが、その一方で課題も顕在化しています。電動車いすが免許返納後の受け皿に 高齢者の運転免許返納の動きは全国各地で進んでいます。...
別窓で開く

タフで荷物が積める頼れる乗り物!奥深い「商用バイク」の世界
車中泊やアウトドアに活用するユーザーの増加もあって、4輪の世界では「ハイエース」や「プロボックス」などの商用車に対する注目度が高まっています。質実剛健な作りで収納スペースが広く、使い勝手が良いのが人気の理由ですが、タフで荷物がたくさん積めるという意味では、いわゆる商用バイクも見逃せない存在。...
別窓で開く

意外な活用法? 坑道トロッコを「ランドカー」に変えたワケ ヤマハの自動運転カート
ヤマハ発動機がもともとゴルフ場の移動用カートとして開発した「ランドカー」。いまや地方で公共交通としての“自動運転車”として活用されていますが、意外な場所にも導入されています。鉱山跡のトロッコの代わり、としてです。自動運転カートが走るモグラ空間 ヤマハ発動機の「ランドカー」。...
別窓で開く


[ モビリティ ヤマハ ] の関連キーワード

motogp カワサキ ソニー ヤマハ

<前へ123次へ>