本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジカケル」をマステにひと塗りすればあら不思議!インクをはじかずに文字が書ける!
マスキングテープ(マステ)はデザインや柄の多さから、手帳のアレンジや容器のラベルなどさまざまな用途に用いられます。場合によっては、マステの上に文字を書きたくなりますが、テープの種類によっては筆記具を選びます。水性ペンでも書けるタイプのマステもちらほら発売されていますが、あくまで一部であり、お気に入り...
別窓で開く

修正ペンのペン先が幅広&超速乾=修正テープみたいに使えて曲線もOK。うん、これが正解かも
消せない文字を修正する際に使用する修正ペンと修正テープ。それぞれにメリット・デメリットがありますが、多くの人は一度に広範囲を修正できる修正テープを選びがちです。近年の修正テープはペン型になっている製品も多くありますが、テープを収納する構造上、独特な形状になるため、使用頻度は低いにもかかわらず微妙に筆...
別窓で開く

スティックタイプのホッチキス「モティック」はスリムなのに針を最大100本装填可能!
職場や自宅で、資料などをまとめておくのに使いやすいホッチキス。でも、昔からある形のモノって、厚みがあるので持ち運びにはちょっと不便なんですよね。そんなささやかな悩みを解決できるマックスのスティックタイプホッチキス「MOTICK(モティック)」(990円)に、おしゃれで使いやすい“くすみカラー” 3色...
別窓で開く

スティックタイプホッチキス『MOTICK』に新色登場!「文具女子博2023」で先行販売も
マックスは、ペンケースに入れやすい形状のスティックタイプホッチキス『MOTICK〈Mobile stick stapler〉(モティック)』990円(税込)の新色(ネイビーブルー、オリーブグリーン、ホワイト)を発売。...
別窓で開く

ペンケースに入れられるスティック型ホッチキスなのに針100本も入れられるって!
ホッチキスは便利な文具ですが、構造上小型化されたものが少なく、持ち運びにくいのが難点。また、最近は小物の収納部が少ないペン立て型ペンケースが増えているため、小型化してもペンケースから出しにくい傾向にあります。そこで注目なのが、マックスから登場するスティックタイプホッチキス「MOTICK(モティック)...
別窓で開く


<前へ1次へ>