本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



マツコ&有吉、憤る!おじさんには聞こえない“モスキート音”に「悔しい!」
本日2月3日(金)放送の『マツコ&有吉?かりそめ天国』2時間スペシャルでは、マツコ・デラックスと有吉弘行が「ハズレのないメニュー」について議論する。「中華に行くと何を頼む?」という有吉の問いに、「1種類や2種類だけにするっていう自制心を持てなかったからこうなったのよ」と笑うマツコ。...
別窓で開く

崔監督追悼上映会開催決定 19日から東京・池袋の新文芸坐で 10作品ランクアップ
 昨年11月27日に73歳で永眠した崔洋一監督を追悼する上映会が19日から3月2日まで、東京・池袋の新文芸坐で開催されることが決まった。 監督デビュー作の「十階のモスキート」(83年)をはじめ「友よ、静かに瞑(ねむ)れ」(85年)、「豚の報い」(99年)、「クイール」(04年)、「月はどっちに出てい...
別窓で開く

映画監督・崔洋一さんの追悼上映会が新文芸坐で開催
 ぼうこうがんのため昨年11月に死去した映画監督の崔洋一(さい・よういち)さん(享年73)の追悼特集上映が開催されることが1日、発表された。 追悼上映会は、東京・池袋の新文芸坐で開催される。第1弾は、2月19日〜3月2日で「月はどっちに出ている」や「十階のモスキート」など10作品を上映する。...
別窓で開く

「息子が小学校を卒業する頃は、69歳か…」56歳で初めて父になった“高齢パパ”が、今後の育児に思うこと
医師から「おかあさん、赤ちゃん、ともに命が危ない」と…56歳夫が明かす、45歳妻が“高齢出産”するまでの壮絶な道のり から続く 2020年7月、56歳で初めて父になった夕刊フジ編集長の中本裕己さん(59)。...
別窓で開く

職人技と機械を組み合わせ究極の手術器具を作る——高山隆志(高山医療機械製作所代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 世界中の名外科医たちがこぞって手術に使う医療用のハサミがある。その名を「上山(かみやま)式マイクロ剪刀(せんとう)ムラマサスペシャル」という。これを製造しているのは、東京・谷中にある社員32名の小さな医療機器メーカーだ。熟練の職人技と高度な工作機機械を融合させ、至高の医療器具を生み出すに至った4代...
別窓で開く

日英伊3国の共同開発「次期戦闘機」…アメリカは蚊帳の外? 参画が必要な理由
日・英・伊の共同開発に決まった航空自衛隊の次期戦闘機は、実は運用するシステムまでを含めると、それに米国を加えた4か国と見るべきかもしれません。どういった理由からなのでしょうか。「システム」で見れば日・英・伊…そして米? 2022年12月9日、日・英・伊の3カ国による共同開発に決まった航空自衛隊の次期...
別窓で開く

崔洋一監督が生前明かした鈴木京香「『血と骨』ラブシーン」
 11月27日、「月はどっちに出ている」(シネカノン)、「マークスの山」(松竹、アミューズ、丸紅)などで知られる、映画監督・崔洋一氏(享年73)が膀胱がんで亡くなった。鬼才監督は生前、代表作に出演した大女優が迫真のラブシーンを演じるまでの舞台裏について、アサ芸記者に証言をしていたのである。...
別窓で開く

崔洋一さん、「俺って何者よ?」を追い求めた映画監督人生
 映画監督の崔洋一さんが11月27日、膀胱がんのため死去した。73歳だった。 崔さんは高校卒業後、写真学校に入学するも、学生運動をしていた2年生の秋に除籍となる。その頃、高校の先輩から映画界入りを勧められて、照明係から始め様々な部署で映画製作に携わった。 1976年公開の大島渚監督「愛のコリーダ」で...
別窓で開く

世界初のステルス機? 万能機「モスキート」初飛行 -1940.11.25 生産は家具職人が担当
イギリスは第2次世界大戦中、鉄やアルミニウムの使用量を抑えるために構成材のほとんどを木製とした「モスキート」を生み出しています。同機は当初の予想を裏切り高性能を発揮、万能機としてあらゆる任務に用いられました。レーダーに機体が映らない! 一体なぜ? 第2次世界大戦中の1940(昭和15)年11月25日...
別窓で開く

『キングオブコント2022』新王者・ビスケットブラザーズ、決勝戦翌日直撃インタビュー!!
ビスケットブラザーズ・きん(左)と原田泰雅(右)。ふたりともNSC大阪校33期生。同期はコロコロチキチキペッパーズ、男性ブランコ、ZAZY、ケツ(ニッポンの社長)、マユリカ、秋定遼太郎(滝音)など10月8日放送の『キングオブコント2022』(TBS)で歴代最高得点を記録し、第15代王者に輝いたお笑い...
別窓で開く


[ モスキート ] の関連キーワード

ビスケットブラザーズ アメリカ マツコ

<前へ1234次へ>