本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


江原啓之「グチグチ言っていたら、キレイじゃなくなる」相談者に愛の喝!
スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」(毎週日曜 22:00〜22:25)。人生に前向きになる力を与えてくれる“ことば”を大切にしている江原が、現代社会でさま...
別窓で開く

夫のせいで「うつ予備軍」に。“夫源病”という言葉を知って救われた40代妻の告白
夫が原因で妻が体調不良に陥る“夫源病”。SNSでは夫への愚痴と共にハッシュタグが飛び交う。今回は、昭和脳の夫に頭を悩ませる溝内沙織さん(仮名・40代)に話を聞いた。これといったきっかけがないのに、放っておくと離婚にもなりかねない原因不明の病とは?◆典型的な昭和脳の夫に疲弊「長年、慢性的な寝不足で、め...
別窓で開く

反抗できるためは、ある程度、親に余裕が必要である──。医師・臨床心理士の田中茂樹先生の言葉を聞いたとき、衝撃を受けました。離婚や別居、DVやモラハラ、義両親との同居でのストレスなど、家庭に余裕がない状況では、子どもは心の混乱をうまく外に出すことができず、自己主張の手段を見失ってしまうと言います。正解...
別窓で開く

織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」
(織田信成(C)日刊ゲンダイ) 1日、フィギュアスケートバンクーバー五輪男子代表の織田信成(35)がモラルハラスメントを受け、当時務めていた関西大学アイススケート部監督を2019年に辞任に追い込まれることになったとして、同部の浜田美栄・元コーチ(63)に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が大阪地裁で行わ...
別窓で開く

付き合うのは何をしているかわからない男…ホステスが嘆く「特殊なオトコ事情」
「普通の職業に比べると、男を見る目はないと思う」 そう語るのは、ホステスのユイカ(25歳)だ。ある意味、特殊な職業である夜の世界の女性の恋愛事情はどうなっているのか。「私が今まで付き合ったのは、水商売、ヒモ、スカウトマン、バンドマン…あとは何をしているのかよくわからない人が多かったです。...
別窓で開く

0歳娘の泣き声に「チッうるせーな」 テレ東・シナぷしゅP、夫のモラハラ暴露「どうしても許せない」→削除
人気子供番組「シナぷしゅ」(テレビ東京系)統括プロデューサーの飯田佳奈子さんが2022年11月30日、モラルハラスメントと取れる夫の行為をインスタグラムで暴露し、注目を集めている。■「なんとしても発言を訂正してもらいたくて...」飯田さんは「シナぷしゅ」のOP・EDテーマの作詞も担当。...
別窓で開く

先読みしたい! 2023年1月スタート<実写ドラマ化>コミック5選
 はや年末。来年のドラマが気になってくるこの季節に、2023年1月スタートのドラマの原作となる、実写化コミック5選を紹介する。今のうちに読んでおけば、ドラマの本放送をより楽しめること間違いなし!??唯一無二の親友に、恋と生活を破壊される!?『親友は悪女』(DPNブックス) 和田依子『親友は悪女』?和...
別窓で開く

酒におぼれて“幻覚”に悩む45歳女性。そのリアルな中身にゾワッ…「お化けといつも隣り合わせ」
夫のDVからアルコール依存に陥り、幻聴や幻覚に悩むようになった45歳の女性・ルカさん(仮名)。“あれ……これ、現実? 夢?”と驚くような体験が、幻覚のはじまりだったという。 彼女が見てきた幻覚の中身とは……? 本人に聞いた詳細を、前回・前々回に引き続いてお届けする。◆「馬に乗るお侍さんが数えきれない...
別窓で開く

夫から取った離婚の慰謝料、女友達に「貸して」と言われショック。どうする?
離婚の成立に至る過程は本当に人それぞれで、一見すると簡単に叶ったように見えても実は相当に大変な思いをしていた、なんてよくあることです。 離婚時に決定する「慰謝料」は、金銭での償いが必要なほどの苦痛があった証拠で、それを考えれば羨ましいとは本人を前にして言えないですよね。...
別窓で開く

「夫はほぼ仕事しかしていないし、家ではテレビ・YouTube・寝てる、トイレに籠るのみ」ある女性の憂鬱
画像イメージ子どもが生まれてから、夫のモラハラ気質に気付くこともある。家事も育児もほどんとしない夫に悩む30代後半の女性(埼玉県/クリエイティブ/年収800万円)。「出産してから夫婦関係が変わった」という。女性は「命をかけて出産して、睡眠不足がずっと続く中でボロボロの身で仕事も家事もしている」「夫は...
別窓で開く


[ モラハラ ] の関連キーワード

youtube