本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【コラム】タイ人に愛された日本兵〜第7回〜終戦の日にチューチャイさんに捧ぐ(全7回)
 「第2次世界大戦でのクンユアムの人々と日本の兵隊さんの思い出」に書かれていたように、クンユアムでは日本兵とタイ人が深く交流していた。それは運命だったのか、本人たちはどうのような思いで受け入れていたのか。今となっては想像するしかない。戦争とは、かくも人の人生を変えてしまい、時には断ち切ってしまう。悲...
別窓で開く

【コラム】タイ人に愛された日本兵:第6/7回〜悲劇に終わったメナムの残照の現実:後編
 今年も終戦の日が近づいてきた。毎年この時期になるとタイ北部ミャンマーとの国境に接するメーホンソン県のクンユアム警察署長だったチャーチャイ・チョムタワット氏のことを思い出す。氏は在任当時から日本兵がクンユアムに残していった遺物を村人から買い集め、それらを展示するために博物館を創設。そして、村人から聞...
別窓で開く

【コラム】タイ人に愛された日本兵:第5回〜悲劇に終わったメナムの残照の現実:前編(全7回)
 今年も終戦の日が近づいてきた。毎年この時期になるとタイ北部ミャンマーとの国境に接するメーホンソン県のクンユアム警察署長だったチャーチャイ・チョムタワット氏のことを思い出す。氏は在任当時から日本兵がクンユアムに残していった遺物を村人から買い集め、それらを展示するために博物館を創設。そして、村人から聞...
別窓で開く

【コラム】タイ人に愛された日本兵:第4回(全7回)〜日本兵の生活と住民との交流
 今年も終戦の日が近づいてきた。毎年この時期になるとタイ北部ミャンマーとの国境に接するメーホンソン県のクンユアム警察署長だったチャーチャイ・チョムタワット氏のことを思い出す。氏は在任当時から日本兵がクンユアムに残していった遺物を村人から買い集め、それらを展示するために博物館を創設。そして、村人から聞...
別窓で開く


<前へ1次へ>