本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



気が早すぎ! 米ESPNが24年シーズンのMLBオールスターにドジャース・大谷翔平を選出! 先発部門候補には山本由伸も名を連ねる!
現地1月26日、米スポーツ専門局『ESPN』は、「早すぎる2024年のMLBオールスター。両リーグのロースター予想」と銘打った特集記事を配信した。同局は約半年後の今季オールスター・ゲームで選ばれるであろう選手の顔ぶれを予想しており、ナ・リーグの指名打者(DH)部門には、ロサンゼルス・ドジャースの大谷...
別窓で開く

大谷の史上初2度目の満票MVP、レンジャーズ球団創設初の世界一を抑えて見事1位に選ばれたのは?【2023MLB10大ニュース】<SLUGGER>
大胆なルール改正が導入され、シーズン前には6年ぶりにWBCが開催。改めて振り返ってみれば、2024年のメジャーリーグも記憶に残る出来事が満載だった。SLUGGER編集部の独断と偏見で選んだ10大ニュースをお届けしよう。...
別窓で開く

メジャー未経験の19歳外野手が総額最大210億円の超大型契約獲得!MLBならではの「プロスペクト囲い込み戦略」を解説する<SLUGGER>
12月4日(現地)、ブルワーズは19歳の外野手ジャクソン・チョーリオと8年8200万ドルの長期契約を結んだ。何から何まで異例尽くしとも言えるこの大型契約について、さまざまな視点から解説していこう。...
別窓で開く

大谷翔平はドジャース移籍なら「自分の人生を歩むことができる」と米重鎮記者。「明るい光」「活躍する可能性が」と山本由伸や前田健太にも言及
米紙『USA Today』の重鎮記者、ボブ・ナイチンゲール氏は12月3日の記事で、去就が注目されている大谷翔平の移籍先を「ロサンゼルス・ドジャース」と記した。最終決定のタイミングは「まだ最終決断の目処はたっていない。少しずつ前進はしているが、1週間はかかるだろう。クリスマス休暇の前であることは確かだ...
別窓で開く

「山本由伸をチームメイトにしてくれ!」千賀滉大が“NPB最高右腕”の加入を熱望! 地元放送局も期待!「メッツの手助けになる」
NPB最高右腕の加入を熱望している。 現地11月13日、メジャーリーグの新人王が発表され、ナショナル・リーグはアリゾナ・ダイヤモンドバックスのコービン・キャロル外野手が選ばれた。最終候補の3人にノミネートされていた千賀滉大(ニューヨーク・メッツ)は受賞ならず。2018年の大谷翔平(ロサンゼルス・エン...
別窓で開く

千賀滉大、新人王逃すも地元メディアから称賛の声「センガのメジャー移籍は、完全な成功だ」「球界最高の投手の一人」
現地11月13日、今季の両リーグ新人王が発表され、ナ・リーグ最終候補に残っていたニューヨーク・メッツの千賀滉大は、 全米野球記者協会(BBWAA)会員による全30票のうち、2位票22、3位票5で2位選出。満票受賞となったアリゾナ・ダイヤモンドバックスのコービン・キャロルに敗れるも、強い存在感を示すル...
別窓で開く

「卑怯な武器にもみえた!」新人王2位の千賀滉大の“お化けフォーク”を米解説者がべた褒め!「彼は全てを兼ね備えている」
今季からメジャーに挑戦した千賀滉大(ニューヨーク・メッツ)。現地11月13日に発表された新人王では、惜しくも2位で、栄えあるタイトルを逃した。 ルーキーながら日本人右腕は、29試合に登板し、166.1イニング、17勝7敗、防御率2.98(ナ・リーグ2位)、202奪三振、奪三振率10.9(MLB5位)...
別窓で開く

ア・リーグMVPは大谷翔平の受賞が濃厚「競争相手がオオタニなのは、シーガーとセミエンにとって不幸な出来事」
全米野球記者協会(BBWAA)会員の投票で決まる今季各賞は、誰が手にするのだろうか。現地11月11日、MLB公式サイトのウィル・リーチ記者は、両リーグのMVP、サイ・ヤング賞、新人王、最優秀監督賞に注目し、受賞者の“予想がつきやすい”部門を独自の視点でランク付けしている。...
別窓で開く

「間違いなくリーグ最高の投手」千賀滉大の“新人王最終候補入り”に地元メディアも歓喜!「メッツにとって数少ない、明るい話題」
現地11月6日、全米野球記者協会(BBWAA)会員の投票によって決まる今季各賞のファイナリスト3人が発表され、ニューヨーク・メッツの千賀滉大は、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのコービン・キャロル、ロサンゼルス・ドジャースのジェームズ・アウトマンとともに、ナ・リーグ新人王部門で最終候補入りを果たした。...
別窓で開く

大型補強で躍進したレンジャーズと若手中心に意気上がるDバックス——2023年ワールドシリーズの3つのポイントとは<SLUGGER>
2023年のワールドシリーズは、いずれも2年前に100敗を喫しながらも対照的な手法で大躍進を果たしたチーム同士の対戦となった。【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<SLUGGER> テキサス・レンジャーズはスター選手の...
別窓で開く


<前へ12次へ>