本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「みんなコウダイが大好き」メッツ公式が千賀滉大の31歳誕生日を祝福! 米ファンも歓喜「わたしのエース!」
現地1月30日(日本時間31日)、ニューヨーク・メッツは公式インスタグラム(@mets)を更新。30日に31歳の誕生日を迎えた千賀滉大の誕生日を祝福した。ファンからもお祝いのメッセージが寄せられている。...
別窓で開く

気が早すぎ! 米ESPNが24年シーズンのMLBオールスターにドジャース・大谷翔平を選出! 先発部門候補には山本由伸も名を連ねる!
現地1月26日、米スポーツ専門局『ESPN』は、「早すぎる2024年のMLBオールスター。両リーグのロースター予想」と銘打った特集記事を配信した。同局は約半年後の今季オールスター・ゲームで選ばれるであろう選手の顔ぶれを予想しており、ナ・リーグの指名打者(DH)部門には、ロサンゼルス・ドジャースの大谷...
別窓で開く

「中途半端なバットスイングを奪った」千賀滉大の代名詞“お化けフォーク”が再脚光! ルーキーシーズンで異例の202奪三振をMLB公式が高評価
現地1月20日、MLB公式サイト『MLB.com』は、データ解析ツール『Statcast』が新たに導入した指標「sword」に注目し、「各球種におけるswordの達人」と題した特集記事を掲載した。“ピッチングニンジャ”こと米投球分析家のロブ・フリードマン氏が「中途半端なバット...
別窓で開く

MLB公式が「昨シーズンより10勝を上乗せするチーム」にドジャース選出「理由のひとつ目は大谷翔平、ふたつ目は山本由伸、3つ目はグラスノー」
MLB公式は1月16日、「2024年シーズンに飛躍的に成長する7チーム」と題した記事を掲載し、そのうちの1チームに、大谷翔平や山本由伸が加入したロサンゼルス・ドジャースを選出した。【PHOTO】10年総額約1015億円でドジャースに移籍!ユニホームを身に纏い入団会見を行った大谷翔平の厳選ショット!「...
別窓で開く

「大谷翔平は史上最高の選手」元ブレーブスの殿堂入り投手スモルツ氏が米メディアで持論「トラウトのトレードは“期限切れ”になる可能性が」
アトランタ・ブレーブスなどでプレーし、2015年にMLB殿堂入りを果たした現解説者のジョン・スモルツ氏が米スポーツメディア『Clutch Points』の独占インタビューに応じ、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平や、ロサンゼルス・エンジェルスのマイク・トラウトについて語った。...
別窓で開く

「大谷翔平は多くを語らなかったが、たくさんのことを学ぶことができた」エンジェルスの若き先発投手が退団した二刀流を懐かしむ「恋しく思う」
ロサンゼルス・エンジェルスの投手リード・デトマーズが1月16日、米野球ポッドキャスト番組『Foul Territory』に出演して、ロサンゼルス・ドジャースに移籍した大谷翔平について語った。エンジェルス専門サイト『Halos Today』が報じた。...
別窓で開く

「シャヌエルが新人王」「トラウトがMVP級の活躍」エンジェルス専門サイトが24年に起こりうる“5つの大胆な予測”を選定「可能性は無限大だ」
ロサンゼルス・エンジェルスの情報を専門的に扱うサイト『Halo Hangout』が1月15日、「2024年シーズンに起こりうる“5つの大胆な予測”」と題した記事を配信。大谷翔平の退団後に有力な補強がなく、今オフに明るい話題がないチームにあって、ポジティブな内容を展開している。...
別窓で開く

大谷、ダルビッシュ、野茂らがランク入り! 米放送局が「日本人先発投手のルーキーシーズンランキング」を発表
現地1月11日、シカゴ・カブスが横浜DeNAからポスティングシステムを利用してMLB入りを目指していた今永昇太と4年契約を結んだことを発表した。晴れてメジャーリーガーとなった左腕のもとには、すでに球団関係者や地元ファンから、先発ローテーションの柱として期待の声が伝えられている。...
別窓で開く

去就注目の佐々木朗希もドジャースが「最有力」? 米メディアが2024年オフのメジャー移籍を想定し候補3球団を予測
昨年12月、ポスティングでのメジャー挑戦を球団に要望したと報じられた、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希。来季へ向けた契約更改でも数少ない越年となったことで、さまざまな憶測が流れている。 いずれにせよ、自身の憧れとされる米球界移籍への話題は、今後も長く語られることは間違いないだろう。...
別窓で開く

今永昇太の争奪戦にヤンキースが「レースの最前線にいる」と現地報道。メッツ&カブスとの競争激化も予想!
日本人選手が話題となるメジャーリーグのFA市場では、今永昇太への注目度が高まっている。ロサンゼルス・ドジャース入りとなった大谷翔平、山本由伸同様、多くの球団が関心を示していることが伝えられてきた中で、1月11日午後5時(米国東部時間)の交渉期限も近づいている。...
別窓で開く