本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



100年経っても変わらぬ「戦車の弱点」 史上初の戦車集中戦「カンブレーの戦い」の教訓とは?
1917年11月20日から12月7日にかけ、第一次世界大戦の欧州で史上初めて戦車の集中運用による軍事作戦が行われました。戦車は作戦初日にすさまじい威力を見せますが、以降は芳しくありませんでした。一体なぜなのでしょうか。初めて戦車が本当の威力を見せた戦い 今から100年以上前の1917年11月20日か...
別窓で開く

元・陸自陸将補がガザの"出口作戦"を緊急提言! 「イスラエル軍はなぜ、真っ昼間から突入したのか?」
夜中にガザ地区北部に入ると思われたイスラエル軍機甲部隊。しかし、実際には真昼間に装甲ブルドーザーを先頭に、写真のメルカバ戦車が続いた(写真:IDF公式HP)武装組織ハマスとの武力衝突から1ヵ月が過ぎ、イスラエル軍(以下、イ軍)はハマスの本拠地とされるシファ病院に突入した。...
別窓で開く

イスラエル軍 ガザ地区の本格攻撃を開始後「約23%の車両が損傷!?」被害が大きい理由とは
ハマスの頑強な抵抗が続く。衛星写真での分析だが被害があるのは確か ガザ地区での本格的な地上戦を始めた2023年10月27日以降、イスラエル軍の戦車、装甲兵員輸送車など軍用車両の損害が、投入兵力の約23%に達してる可能性があると一部海外メディアで報じられています。...
別窓で開く

イスラエル「メルカバ」戦車にハマスが行った“驚きのローテク戦法”とは 最新の防御システム無力?
イスラム過激派組織「ハマス」が、最新の防御システムを備えるイスラエルの主力戦車「メルカバMk.4」に攻撃を加えました。それは、旧日本軍も行っていた極めてローテクな戦法。兵士の全力疾走がモノをいいます。まさかの肉薄攻撃を実行! ガザ地区を実効支配しているイスラム過激派組織「ハマス」が、驚くべき方法でイ...
別窓で開く

「ゲーム世代向けの戦車」とは? イスラエルのメルカバ改良版「バラク」 現実と仮想ここまで混濁
イスラエルが同国の主力戦車「メルカバMk4.m」とよく似た外見の戦車「バラク」を量産するようです。市街地戦を想定して、ハードウェアは前世代的であれソフトウェアを更新し、“若い兵士が扱いやすいよう”工夫が凝らされているといいます。...
別窓で開く

「何が何でも戦車欲しい!」イスラエルがとった驚きの軍隊づくりとは? スクラップも使え! そして軍事大国に
いまや国産戦車「メルカバ」を数多くそろえるまでに至ったイスラエル国防軍ですが、1948年の建国当初は、世界中からかき集めた中古戦車が主体でした。しかも、その入手の仕方も驚きのもの。女性の色気を使ったと言われているほどだとか。国作るために何としても戦車が必要! 2023年10月7日、テロ組織ハマスが突...
別窓で開く

イスラエルのガザ侵攻で地上戦が急速に拡大中。「非非対称戦」がハマス制圧のカギになる!!
四国程の面積のイスラエルは、攻撃を受ければ、即、本土決戦。その国土を守れる能力を持つ、一人のイスラエル陸軍兵士は貴重な人材(写真:柿谷哲也)今も続くハマスとイスラエルの大規模衝突。パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するハマスは、イスラエル側に3300人の死傷者を出させ、約200名の人質をガザ地区に連...
別窓で開く

「バケモノだ!」ある意味で戦車より怖い? イスラエル軍“魔改造ブルドーザー”とは
海外メディアでよくイスラエル軍のブルドーザーについて報じられています。実はこのブルドーザー、限りなく“兵器に近い重機”なのです。対戦車兵器を受け付けない重機! 2023年10月から、イスラエル軍とパレスチナのガザ地区を実行支配しているイスラム過激派組織「ハマス」との間で激しい戦闘が続いています。...
別窓で開く

目前のガザ侵攻 イスラエル側が圧倒的に不利? だから「メルカバ」戦車は“特設屋根”をつけた
地上侵攻に向けて集結するイスラエル軍戦車「メルカバMk.4」に「鳥かご」装甲が装着されていました。これはガザ市街地戦に向けた対策であると思われます。なぜこれが必要なのでしょうか。有識者は市街戦の怖さを語りました。...
別窓で開く

「イスラエル核使用」という悪夢のシナリオを緊急検証
イスラエル軍は30万人以上の予備役を招集。陸上部隊のガザ侵攻はかなり大規模なものになりそうだハマスの大規模な奇襲テロを許したイスラエルの報復作戦は、本稿締め切り時点でガザ地区への地上侵攻まで秒読み段階に入った。しかし、そこで待ち構えるのは地下トンネル網を駆使したハマスのゲリラ戦。...
別窓で開く


[ メルカバ ] の関連キーワード

イスラエル ハマス バラク

<前へ123次へ>