本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レンタル服「サブスクファッション」認知52.9%、利用者2.5%の調査結果 男女で差はあるか?
「サブスクで音楽を聞こう」「サブスクでクルマに乗ろう」......。「サブスク」が話題にならない日がなくなった。「サブスク」(サブスクリプション)とは、一般に「定額制の使い放題サービス」を意味するが、ファッションの世界にも進出している。そんな「サブスクファッション」は世界的な環境保護運動の側面も持っ...
別窓で開く

もうすぐGW!子どもが喜ぶ過ごし方と「お金の無駄遣い阻止」を両立させるコツ
− GWは「お金」や「SDGs」を学ぶ絶好の機会 −コロナ禍の中で迎えるGWも今年で3回目となります。2020年のように「家に缶詰め状態で過ごす」という世間の空気から、「人混みを避けて屋外で過ごす」と行動制限の条件が和らいできています。株式会社JTBは4月7日に「ゴールデンウィーク<2022年4月2...
別窓で開く

「笑い転げてしんどいわ」 荷物に貼られた『テープ』が見たことありすぎる
ネット上で、気軽に不用品などを売買できる『メルカリ』。個人間での取り引きなので、商品の梱包方法から出品者の個性が見えることがあります。ある日、メルカリで購入した商品が自宅に届いたNaoto Imuscle(abcdefg00000k)さんは、その梱包に驚きました。...
別窓で開く

岸田文雄首相が「新しい資本主義」というキャッチフレーズを掲げている。その中身はまだ不透明だが、資本主義の見直しに、国民の関心が集まっているのは確かだ。本書「サステナブル資本主義」は、持続可能な社会を実現する新しい「資本主義」がどうすれば実現するかを論じた本だ。...
別窓で開く

SDGs、お取り寄せ、郊外へ移住…“衣食住のトレンド”から2021年を振り返る
家で過ごす時間が多かった2021年。私たちの生活はどのように変化したのか。衣・食・住に美容&健康という身近な観点からトレンドを読み解き、振り返ります。未曽有の事態から新しい楽しみが誕生!2021年はどんな年だったかと聞かれたら、ほぼすべての日本人が“コロナ”という言葉を思い浮かべるはず。...
別窓で開く

「夫の持ち物」フリマアプリへ「男性ならではの」高く売れるアイテム5選【年末大掃除】
年末が近づき、大掃除をきっかけに不用品がたくさん出たご家庭も多いかもしれません。近年では、不用品の処分に買取サービスやフリマアプリを利用するという人も少なくないでしょう。...
別窓で開く

伊坂幸太郎氏、吉本ばなな氏、筒井康隆氏の小説を印字した「読むレジ袋」をナチュラルローソンにて無料配布
株式会社メルカリは、株式会社ローソンと共に2020年7月1日からのレジ袋有料化を前に、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく、「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎氏、吉本ばなな氏、筒井康隆氏の小説を印字したレジ袋“読むレジ袋”を、2020年6月24日〜26日の3...
別窓で開く


<前へ1次へ>